06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
関西弁に足りないもの

さて、どうもこんばんは。

11月も下旬に入り今年も何と一ヶ月と少しで終わってしまいますね。
2011年と言えば災害に忙しい年という事で印象が強く残ってしまいました。
東日本大震災の起きた3月も既に8ヶ月も前の出来事です。早いですねえ…。

関西住まいの私は震度2~3程度の揺れでしか感じませんでしたが、
自宅に帰ってきてテレビに目をやると震度7の文字。驚きましたね、本当に。

同じ日本でこのような凄惨な出来事が起きていたのか…と。
何だか不思議な感覚になった事を思い出しました。
私の住む関西でも何十年前大地震が起こっていましたが、私は当時4~5歳でしたからね。



さて。
関西繋がりという事で今日は一つ関西弁の話をしようと思っています。

そうですねえ…。
関西弁といえば…どうでしょうか。皆様どのようなイメージをお持ちでしょうか。
よく耳にするイメージといえば"怖い"など。マイナスイメージが多いように思います。

最近ではテレビに出演しているお笑い芸人などの影響で、
方言の中では一番と言ってもいい程に有名な方言になっていますね。


img_1511374_61158071_0.jpg


"怖い"などのマイナスイメージは極道物他から来ているのでしょうか。
実際に関西に住んでいる身としては流石に想像できませんね、イメージは。
逆に標準語のイメージは?と聞かれても困るでしょう(笑)恐らく。

私は生まれも育ちも関西人ですが、
幼い頃から周りに関東から来た人が多かったのでね。

その影響もあってか、口にするのは少し中途半端な関西弁だったりします。
小学生の頃、親に叱られた事もありましたよ。その変な喋り方やめろ!!って(笑)
今思えば理不尽な話ですよね。確か 「なんでだろうなぁ」 って言っただけだったと思います。

関西弁だとこれは 「なんでやろうなぁ」 になるんですね。
本当、少しの発音と一文字の違いなんですけどね。理不尽な話です(笑)

ただね…。
メールなどで文章にすると…違和感があるんです。標準語が混ざると。
やっぱり関西人ですからね、実際文字にしてみるとあれ…みたいな。違和感がですね。

実際、関西では標準語を使う人間は少々 「え?」 と思われる傾向にあるような気がします。
大体関西で標準語を喋る人間といえば、アニメやゲームに影響されたであろう、いかにもな風貌をしたオタクだったりとか、何らかの世界に感情移入し過ぎているイタイ子だったり…。
兎にも角にも妙な人間が多いんですね、それで敬遠されている人も少なからずいると思う。

ま、他所から来ている人だったり、周りに関東の人が多い人なんかはね。
時が経てば染まっていきますから(笑)違和感のない関西弁を喋れるようになるんですよ。
私も稀に標準語が混ざるとはいえベースは99%関西弁ですからね、そのような苦労をした事はないです。



ちなみに私は…関西弁。あまり好きではありません。
何故かって?そりゃまあ…色々理由はありますよ。例えばそうですね。

言葉によっては下品と感じるものがあったり…。
何かしらのメディアの影響か、何だか浅ましく聞こえるような事があったり…。
関西弁を喋る女性が…ちょっと苦手に感じたり…。(可愛ければOK)

……。

ええ、まあ。
これらの多くはテレビや漫画など、メディアの影響もあるように思います。

女性の趣味に関しては…そうだなあ…。
例えるなら…そうですね…。
容姿の点数を100点満点としてです…ね…。

20点の女性に関西弁を喋られると少しマイナスなイメージがついてしまいますが、
80点の女性に関西弁を喋られると少しプラスなイメージがつくような…。

気がしない…でもない…のかな…。


………。

う~ん。
わかりやすく言うとですねえ。

こう…ギャハハハハ!キャピキャピ!キャポピ!みたいな女性がですよ。
関西弁ばりばりで騒いでるとそれはもう殺意という殺意が全身から噴き出しそうになってしまいますが、
逆に…オトナシー、セイソー、ジュンスーイ、みたいな女性がですよ。
友達と会話する程度の声量で関西弁を口にしていれば逆に何か可愛くね?というような気が

します…ね…。
はい。


しかし…。
これら全てを凌駕する、私が関西弁を好きでない理由。
関西弁に最も足りていないもの。それは何か。ええ…そうです、それは…。

ロマンチックさ。
ですよ。ロマンチックさ。足りてますか?関西弁に。足りてませんよ。ロマンチックさ。

どうしてもね。
関西弁といえばお笑いだとか…何でしょう。明るい方面でしょうか?
その方面にイメージしてしまうものでね、ロマンチックな場面で非常に不向きな方言なんですよ。これは。

男性の皆様。
女性に。恋焦がれる人に。愛の告白をする時。何て言いますか?


images.jpg


「俺、お前の事が好きだ」

言いますか?男性の皆さん。お前の事が好きだ。って。言えますか?
言えますよね…標準語なら。言えるはずです。お前の事が好きだ。と。

しかし…関西でこんな愛の告白をしてしまうと…。
少なくとも私は笑いそうになってしまいます。
ドラマの見すぎだと。演劇のセリフか!と突っ込みたくなってしまいます。

なので…関西でだと…。
「好きやで」 だったり 「お前の事が好きや」 だったり。

ちょっと…。
うん…ちょっとさ…。
ロマンチックさに…欠けねえか!?

という事を私は言いたい。
しかしドラマじみたロマンチックなセリフを吐くと勘違い野郎のレッテルを貼られる可能性大。
無難所で行くなら…。まあそうですね、「好きです」 辺りは違和感が無くていいんじゃないかな?

ただ私はそういうキャラでないので、
どうしてもうこう…好きだ!とかを言ってみたく思います。
でも言えない。自分で思いますもん。うわー違和感バリバリ!って(笑)

女性の方はまあ…。
無難に 「好きです」 とか。一番いいんじゃないかなぁ?

実際関西人男性の方はどうお思いなのでしょう。
私や私の周りの人間としては本当にそう、足りないように思うのだ。ロマンチックさが。
うん…難しいです。関西弁を使って上手くロマンチックさのある愛の告白、できないものでしょうか。

ロマンチストな関西人には永遠の課題なような…気がしますね。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by TAKKYA
comment:2   trackback:0
[雑記
一人暮らしを始めたがる理由

さて、どうもこんばんは。

お久しぶりです。
前回の更新から一ヶ月近く経ってしまいましたね…。

いえ、いえいえ。
サボりではありませんよ。
ええ、サボりではありません。これは仕方ない事、仕方ない事なんですよ。

実はですね。


R-1008291_main_photo.jpg


半月程前から一人暮らしを始めてみたんですよ。


これが意外と…忙しくてですね…。
ブログ更新はおろかゲームですら時間が取れない状況にありまして…。
まだ慣れていないのもあり、家事一つ一つに時間が掛かってしまうんですよ。

殆ど家事をする必要の無い実家がどれ程に素晴らしかったか…
よくわかりましたよ。洗濯やら掃除、色々と大変ですからね。

引越先はすぐ近くでした。
実家にも職場にも自転車で行ける距離です。
周辺環境は殆ど変わっていませんね。

なので、一人暮らしを始める必要があったのとかと問われれば…。
始める必要は無かったとも思います。特に理由もありませんからね。

家賃や生活費だけで月十万円は飛びますから…。
実家に居て浮いた分を貯金しておく方が明らかに賢いのでしょう。
しかしそれでも…一人暮らしをしてみたかった。してみたかったんです。

若い人の場合は両親との不仲…など。
家族との関係が良くない、という理由で一人暮らしをしたがる方は多いようですね。


私の場合は…。


そう。


woman_03_bk.gif


コレです。
コレですよ、コレ。
女ですよ。オ・ン・ナ。


……。

はい。
要するに…。


私 「ごめんよ今仕事終わったよ」

彼女 「おつかれさま、どうする?」

私 「今日は遅いし遠出できないなあ家おいでよ」

彼女 「うーん…この時間からお邪魔するのは悪いから…」

私 「そんなもん気にせんでいいぞ」

彼女 「最近よくお邪魔してるのもあるし…」

私 「誰も気にしてないよ?」

彼女 「私が気にするの!」

私 「そ…そうか…」


こういうワケである。


なるほど。
俺が一人暮らしを始めちまえば気を遣わせなくて済むという訳だ。
いいだろう。それならばやったろうではないか。

と…この一会話で一人暮らしを即決。
それから実に半月程掛けて部屋選びに各種契約など済ませ…。


move_l.jpg


10月15日に引越し。
そこから私の一人暮らしライフは始まったという訳です。

ええ、アホでしょう。
しかしこれね、当初は"恋人に落ち着ける空間を"という理由で始めた一人暮らしではありますが、
意外とやってみれば楽しい。楽しいんですよ。なかなかに新鮮でしてね。

殆ど見ていなかったテレビもよく見るようになりましたし、
家計簿一つつけるのも何だか楽しくて仕方ありませんね。

そのせいか急速にネトゲ離れを起こしていまして、
プレイできても麻雀やパンヤなど、短時間で遊べるものだけですね。
ラテールやエルソードになるとやり込みたくなってしまうので…なかなか…。


それでも一人暮らし…実に自由です。
一人暮らしであれば沢山の友人を呼んで騒ぐ事も可能ですし、
女性の一人二人連れ込むのも気を遣わないで済みますからね。

ていうか何というかイケてないのだ。
"実家"に"女性"を"誘う"というのが何かイケてないのだ。

一人暮らしの男の部屋に女性を呼ぶ…。
これが何というかイケてるのだ。うん。イケてるのです。
やはり女性から見ても実家と一人暮らしの差は大きいでしょう。これはかなり違うはず。

ぶっちゃけ私はホテルが嫌いなのだ。落ち着かん。好かんのだ。ホテルは…。
行くなら一人で行きたい。結構充実しててね、楽しいんですよ。最近のホテルは。



まあ……。
そういう事です。

このようなフザけた理由で始めた一人暮らし。
実家で自立しつつ貯金しておくのが一番賢いとは解っていました。
それでも楽しい。そこそこに楽しいですよこの生活は…後悔はしていませんね。

一人暮らしに慣れて上手く時間を作れるようになりましたら、
またゲームの一つや二つ遊んでみようと思っていますのでね…ええ。
それまではネトゲ記事の方ちょっと減っちゃうかもしれませんね。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:3   trackback:0
[雑記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。