06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
ミサイルはもうちょっと強化してもよかったろ

こんばんは。

メイプルストーリー今週のメンテナンスですが…ver3.18のアップデートが行われましたね。
その内容としまして一番注目したいのは、やはり各職業のスキル調整となりますが…。
個人的にはルミナス、カイザー、エンジェリックバスター以上三職の作成制限解除が結構嬉しかったりします。

ただ、極力丁寧なプレイ日記にしていきたいという当ブログの方針がありまして…。
今すぐ今回のアップデートについて書くのはちょっと…まだまだプレイ日記にしたい内容が山積みになっているので厳しいかな。

最近はゲームのプレイ内容とブログの更新内容に結構なタイムラグがあったりします。
ここ数日の内容ですとね、鋭い方はすぐわかったと思うんですけども、ドロップアイテムに十周年モミジが散っていたりとで…十周年イベントが行われていた時期のプレイだという事がわかりますね。

この辺りはね、どんどん改善していきたいと思っているんですけども…。
こればっかりは性格なのでしょうが、ゼノン作りました!とりあえず100Lvまで上げました~!みたいなテンポの良い記事を書くのが若干勿体なく感じてしまうんですよ。貧乏性なのかもしれませんね(笑)
なので今までと同じペースで、出来るだけ現在のプレイ内容に近づけるよう努力したいと思っています。


とはいえ…。
たまには新鮮なプレイ日記も書いてみたいやん…という事でね。


イメージ8169


一枚だけ…こっそりと。
ええ。作ってみましたエンジェリックバスター。

実はこのスクリーンショット、偶然左側に居る人が友人だったりします。
たまたま同じタイミングでエンジェリックバスターを作成していたようで、後から友人のブログを見て驚きました。あれ…このキャラ名見た事あるぞ?と(笑)
面白い偶然もあるものですね。わかってたら一緒に遊んだのにな~残念です。



さて。
という事でエンジェリックバスターについてはここまで。
作成した。という事実だけにしておきましょう記事にするのは…。

ここからは前回の続きで、ゼノンの育成について記事にしたいと思います。


イメージ5376


前回エーデルシュタインから脱出し自由に動かせるようになったゼノン君でしたが…。
メルセデス王の時と同じく、職業ストーリーのようなものが用意されておりましたのでそれらを進める事にしました。
冒険家の時は必死こいてゴーレムをしばき倒しておりましたが…こいつら新職業は専用クエストの遂行だけで二次転職レベルまで上げられる模様。全く…なんてスマートなんだ。

おまけにこの二段フラッシュジャンプのお陰でクエストでの移動も快適すぎます。
同じフラッシュジャンプでも、何となくメルセデス王のものより使い勝手が良い気がしますね。


イメージ5382


で、そのクエストですがこの改造人間ベリルさんが非常にしつこくまたもや再登場します。
個人的にはこのベリルさんもうちょっと強くても良かった気がするな…弱すぎて何とも緊張感に欠ける。冒険家の転職教官もそうですけど、こういうのはむしろ強すぎるくらいが面白いような気がしてしまいます。
とはいえあんまりに強いと転職できなくて泣いちゃいそうなので…やっぱり今のままでもいいかな…うん。

そういえばゼノン特有のスキルである空中飛行とミサイル。
この時に初めて使ってみたんですけど驚きの弱さでしたね;;
飛ぶのはまだ有効活用できそうでしたがミサイルの存在理由が全くわかりませんでした。

攻撃はエネルギースプラインだけで十分ですかね。
ひとまずはこの攻撃スキルだけで転職レベルまで上げる事ができました。


イメージ5388


転職はメルセデス王と同じくほぼ自動でしたね。

気になる二次スキルはこのような感じ。


イメージ5391


まだぱっと見では何が何やらわからないスキル達ですが…。
私が一番に振りたいスキルは一目見てブースターだと決まりましたね。
攻撃スキルに1Lvずつ振ってブースターに直行しようかなと、そう思っております。

ここからはいつも通り新スキルを駆使しながらキノコ王国にでも行きましょうかね。
まぁ三次転職まではさくっと行けるでしょう。復帰当初こそレベルの上がる速度に驚いたものですが数ヶ月も遊べば今のメイプルに慣れていくものですね。もうあんまり驚かなくなってしまいました…w



関連記事
スポンサーサイト
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[メイプルストーリー
ゼノンの物語にほろりと涙が

こんばんは。


イメージ5319


さて。
今回は気分転換パートその二号となります。

前回メルセデス王にて三次転職を済ませたのですが…。
私にありがちな"転職するとモチベダウン病"が発症したのでメルセデス王はちょっと休憩。
かと言ってシャドーは相変わらずレベル上げの壁に阻まれたままですのでまだモチベは回復していない。

加えて先日キャラ札システムの存在を覚えましたので、本日は新キャラクターを作成する事に。


イメージ5314


職業は一通り迷いましたが、当時新キャラクターとして大変人気を集めておりましたレジスタンス"ゼノン"に決定。
選んだ理由としましては色々とありますが、一番はやはり"盗賊"という肩書きに惹かれましたね。何せ私盗賊厨ですから…最早盗賊というワードだけで職を選んでしまうレベル。現実だったら犯罪者ですね…。
後はキャラクター紹介のステータスで機動力が高かった事でしょうかね。機動力大好きですから…私。


イメージ5317


という事で早速"ゼノン"の作成にあたりましたが…。
何と容姿を二種類から選択できるという贅沢っぷりにただただ驚きましたね。
昔は何千円使ってこんな見た目にしてたのにな~。両方魅力的なのでとても迷います。

結果ゼノンタイプを選んだんですけど、これどちらを選ぶかによってストーリーが変わる事はあるんでしょうかね…?だとしたら見た目で安易に選んだのは失敗だったんでしょうか。そこだけちょっと気になりますが…!
まぁどちらにせよ初めて見るストーリーになりますから、どちらでも構わないんですけどね。


しかし…。

復帰当初は英雄にレジスタンス…シグナス騎士団にノヴァ。数多くの職業達に困惑したものですが、メインキャラクターでストーリーを進めるにつれて、少しずつですがメイプルストーリーの世界を理解出来てきたのでちょっとは抵抗が無くなってきましたね。
それでも未だにこれら新職業の世界観は掴めぬままですが…これからちょっとずつ理解していけるといいですね。



さて。
それでは新キャラクター"ゼノン"でのプレイをスタート。


イメージ5320


まずスタートは過去の物語から始まります。

そこにはエーデルシュタインという街に住む五人の子供達。
いつものように戦隊ごっこをしては「こんな平和な街に正義の味方なんて必要ないじゃないか!」と笑い合う彼ら。

やがて時間も経って帰路に就いた時…。
"幼い頃の自分"は友人ジグムントに、自分の持つ宝物の短剣に合う鞘を作ってほしいという頼みごとをしました。
ジグムントはそれを快く了承しその宝物の短剣を預かります。その後二人は別れたのですが…。

幼い頃の自分はその帰り道、ゲリメールという男に"適合者"だと告げられ誘拐されてしまいます。
残された四人…中でもジグムントは彼が宝物だと言っていた短剣を返そうとずっと待っていましたが…彼がエーデルシュタインに戻ってくる事はありませんでした。


イメージ5321


それから数十年後…。
あの幼かった子供は記憶を抹消され身体を改造され、改造人間として目を覚ましました。

それから行われる実戦テストの数々。
彼は何の機微も感じぬまま…淡々とテストをこなしていきます。
最終段階まで何の問題もなく終え、ゲリーメルにとって大変満足のいく結果に終わりました。

そんな時…この研究所に侵入者が現れた事を検知したゲリーメルはこのゼノンを迎撃に向かわせます。


イメージ5329


そこにはエーデルシュタインという街の"レジスタンス"達。
もとい昔一緒に戦隊ごっこをしていた友人達。そんな友人達が実際に戦隊…街を守る"レジスタンス"という姿でこの研究所に現れました。
どうやらレジスタンス達とこの組織は敵対関係にあったらしい。

しかしこの後ジグムントはトラップに掛かったヘンリテを庇って捕獲されてしまいます。


イメージ5330


その直後現れたゼノンは、命令通りこの侵入者達を迎撃しようとしましたがその瞬間、激しい頭痛を感じながらフラッシュバックを起こしました。
そのフラッシュバックは昔の友人達との記憶。何が起こったのか理解できないゼノンは暫く動く事ができないでいましたが、そこにゲリーメルが同じく改造人間のベリルを連れて援護に合流。

追い込まれたレジスタンス達でしたが、このままでは厳しいと判断したジグムントは二人に脱出するよう指示。
二人はジグムントに必ず助けに来ると告げて煙幕で研究所から脱出し、残ったジグムントはゼノンの手によって監獄に捕縛されました。


イメージ5334


しかし先程のフラッシュバックが忘れられないゼノンは、レジスタンス達を追いに出ているゲリーメル達が居ぬ間に監獄にいるジグムントのもとへ向かう事に。
そこには動物型のジェネロイド「ルーティ」がおりましたが、どうやらゼノンにはかなり協力的なようです。

ゲリーメル達が来ないよう見張りに向かうルーティが監獄を出て、二人になったゼノンとジグムントは数十年振りに会話を交わしますが、レジスタンスとこの組織はやはり敵対関係にあるという事で会話はいまいち良い方向には進まず…記憶を取り戻す手立てにはなりませんでした。
しかし二人を結ぶ"短剣"…この存在が二人の記憶を大きく揺さぶりちょっとした引っ掛かりを覚えた様子。

そこにゲリーメルが帰ってきたと告げにルーティが報告。
そしてこのルーティ…ゼノンとジグムントの二人に脱出しようという提案をします。
研究所のジェネロイドが何故?と思いましたが、どうやらこのルーティ記憶を失う前のゼノンと脱出する約束をしていたらしく、今こそその約束を果たす時…と言わんばかりに二人に協力をしてくれているようです。


イメージ5337


記憶を取り戻したいと決意したゼノンは怪我をしたジグムントと謎の動物を連れて研究所外へ。
道中現れる刺客も何のその。最終段階まで実戦テストを終えた改造人間に敵などありません。
欲をいえばこのまま外に出てくれると嬉しいんですがね。どこかでとんでもない弱体化をする事でしょう…メルセデス王もそうでしたからね。ええ…。

と、少し話は逸れましたがそのまま脱出に向かい、さぁ後少しで外だ!というタイミングで同じく改造人間のベリルが登場。
ここでゼノンとの戦闘が行われ、ベリルがピンチに陥ると遅れて現れたゲリーメルの手でゼノンは妨害を受け、操られそうになってしまいます。

しかしそこでレジスタンスが登場。
脱出した二人に加え別のメンバーも連れてきたレジスタンスの協力あって三人とも無事脱出する事が出来ました。


イメージ5347


レジスタンス本部に到着した彼らは、まず敵対組織に所属していたゼノンを疑い警戒しますが、事情を説明しジグムントの救出に協力したという経緯もあって一旦受け入れられます。
更にゲリーメルの妨害…操縦の原因ともなった外部制御装置を取り外すことを決意。これを取り外すと予想通り数十年の改造で培った戦闘システムは大幅に弱体化されてしまう模様ですがまぁストーリー的にもゲーム的にも仕方ありませんから。ええ。私はそのままでも良かったんですがね。はい。

ここでストーリー導入部は終了。
これから記憶を取り戻していくストーリーが始まっていくようです。



………。


悲しい話やないか…(涙もろい)


これはゼノンの記憶を取り戻すのに…協力しなければならない。
このままでは二人が報われない。私は早く二人が記憶を取り戻す瞬間を見たいのだ…。
という訳で早速レベル上げとストーリーの進行をスタート。まずはスキルの確認から。


イメージ5350


そこには当然と言わんばかりにフラッシュジャンプが完備。
おまけにゼノンのフラッシュジャンプは連続して二回使用できる模様。
なるほどこれは…機動力が高いと評されている訳だ。まだまだ他にもありそうだけど…正直私はこれだけでも満足できる。


イメージ5354


適当にスキルを振って、まずは失われた戦闘システムを取り戻すべくクエストをスタート。

あのカンストダメージの後だとどうしても弱く感じてしまいますけど、よくよく考えればスタート直後でこれはかなり強いですよね。何か麻痺しちゃっていますが冒険者だとデンデンスローで40ダメージとからだからね…このレベル帯。これはかなり優秀な香りがします。

そんな新職の性能をひしひしと感じながらクエストを遂行していくと…。


イメージ5360


古い写真を発見。
これにはゼノンも少々記憶を揺さぶられたようですが…。
やはり記憶を取り戻すトリガーにはならず。抹消された記憶はそう簡単には戻るものはないようですね。

で、そのままクエストを進めていきますと…。


イメージ5362


ゼノンを追跡していたというベリルに発見されました。
実はこいつ、どこかで味方になるんじゃないか?って予想していたんですけど見事に大外れしましたね。ライバルキャラみたいになるんでしょうか…。


イメージ5364


という事で振りかかる火の粉はさくっと払って先へ。


イメージ5367


…と思いましたが、どうやらゼノンは制御装置を取り外しても微弱な電波を発しているらしく、このままエーデルシュタインの、それもレジスタンス本部に居るのは本部の場所まで割れる危険性があると判断し街を出る事を決意。

個人的に二人の記憶がはっきりしないまま旅に出るのはむずむずするなと思っていたのですが…。


イメージ5371


ゼノンがジグムントに黙って旅立とうとするその時。
話を聞いたジグムントがその場に駆けつけ本来の持ち主にと"宝物の短剣"を返します。


イメージ5372


ゼノンはまだはっきりと思い出せていないようですが…。
うん…一歩近づきました。良かった…いつかこの二人報われるといいですね。



ここまででチュートリアルというか何というか大まかなストーリーは一旦終了。
以降転職時やストーリークエストなどで話が続く事はありましょうが基本は普通にプレイする事になりましょうかね。

なかなかのいいストーリーに思わず涙がほろりとしてしまいそうでした…。
まぁ何はともあれ新キャラクターゼノンを作成しましたという事ですのでね、ええ。今後ゼノンの育成記事も入って来るかなと思います。

しかしこれ、スウタイプはともかく女キャラクターを選んだ場合でのストーリーもちょっと見てみたかったような気がしますね。女性同士の友情になるだけで特に変わらないのかもしれませんけど…。
関連記事
Posted by TAKKYA
comment:2   trackback:0
[メイプルストーリー
ついにキャラ札システムに手を出した

こんばんは。


イメージ5202


さて。
今回はメルセデス王の育成過程でも。

シャドーの方が現在レベル上げというちょっとした壁に阻まれておりまして…。
その気分転換にサブキャラクターでプレイしてきました。たまには息抜きしないとね。
シャドーには少しの間露店専用キャラクターと化してもらいます。ルートアビスで散財しましたからね。

という事でサブキャラクターのメルセデス王ですが、丁度クリセに向かえるレベル帯でしたのでそのままクエストをこなす事にしました。やはりこのレベル帯はテーマダンジョンに限りますね…!


イメージ5259


一度メインキャラクターで通った道だという事もあってスムーズに進んでいきましたね。

ただメインと違って始めるタイミングが違ったので、クリセのクエストが終わっても転職とまではいきませんでしたね。
なので足りなかったレベル分はアリアント地帯のスナモグラ狩りで補完。


イメージ5306


そしてレベルアップと同時に転職完了です。

これがメルセデス王の寂しいところでもあり楽なところでもありますね。
今はさくっと新スキルが使いたい心境でもあるのでまぁ楽なところにありがたみを感じています…w


イメージ5308


で、転職して増えたスキルですが…これが個人的にはあんまりパッとしないスキル群でした。
いいえいいえ、十分に強力なスキル達なのですがね。ただ…空中で使用するスキルだったりクールタイムのあるスキルだったり突進するスキルだったり…。
私が当初求めていた"目にも留まらぬ連射スキル"。それはどうやら四次スキルのようです。

まぁとはいえこのスキル達、多少使い勝手は悪いものの狩りの幅が非常に広がりましたのでかなり楽しめています。
弓使いが空中から突進するスキルを使えるのは珍しいよね…。


イメージ5310


そのようなユニークなスキル達を駆使しながらモンスターパークへ。
やはり通常狩りが苦手な私にとって一番に逃げ込むところですねモンスターパークは…。
効率は決して最高だとは言い切れませんがこういうのはモチベーションの維持が大切なのです維持が。

このままモンスターパークを数週してメルセデス王は一旦休憩。
記事にするとさくっと終わってしまいますが地味に数日はかかりましたね~。
一日にもっとプレイできればいいんですけど、意外と一日一時間二時間で終わったり…なかなかサブ育成にまで手が回りにくい状況ではありますね。


イメージ5312


あ、それと復帰して初めてキャラ札というものに手をつけました。
何だかんだとっつきづらくて放置していたシステムですが、一歩足を踏み入れてみるとあら簡単。育成したキャラクターのレベルによって追加効果を得られるシステムみたいですね。

左上にあるランクはどうやらレベルによって変化する模様。
メルセデスの追加効果なんかかなり魅力的ですよね。最高ランクまで上がったらCT5%減少になるのかなぁ…こう考えるとちょっと育てておきたいですね。

ちなみにシャドーの能力はSランクで移動速度+4でした。
いくら古い職とはいえ、新職とのとてつもない格差を感じましたね…w

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[メイプルストーリー
やっぱり…営業許可証は必須なのね

こんばんは。


イメージ5464


さて…。
そろそろまずいぞ。

いえいえ。決して経験値効率はまずくありません。
モンスターとのレベル差が11を越えてしまうと、経験値ペナルティが適用されますからまずくなるかもしれませんが…。
今現在私のレベルは125Lv。ペナルティが適用されると思われる131Lvまではもう少し猶予があります。

それでは何がまずいのか。

それはもう…最初から言ってはおりましたが…お金ですね。
気づけば昔遊んでいたキャラクターのレベルを超えてしまう程に集中して狩りをしていました。
その結果一千万メル近くあった所持金は見事にゼロ。入場する事すら…出来なくなってしまいました。


目標であった昔遊んでいたキャラクターのレベルを超えるという事…。
こうも容易く達成する事が出来てしまいまして、やや呆気なく感じているところではありますが。
流石に十年も経てば色々と遊びやすい環境ができているのでしょうね。何のストレスもなくすんなりとこのレベル帯まで辿りつくことができました。

しかしこれで終わるつもりはありません。
せめて満足に四次スキルを習得できるレベルまでは上げてみたく思いますのでね。
これはもう少しお金を稼いで…これからのレベル上げに備える必要が出てきました。

その為に私に必要なものは…ちまちま黒字狩りをしていく根性などではなく。


イメージ5443


ただただ…これ。営業許可証。

当初は極力課金せずに遊ぶというスタンスで始めたこのメイプルストーリーでしたが…。
最近はパンヤやエバープラネットに費やすお金も大分抑えられてきておりますし、何よりすぐに飽きてしまうのでは?と懸念していたメイプルストーリーがとても遊びやすく進化しており大変楽しませて頂いておりますので、これはもう課金しても構わないなと。
別にキューブやハンマーを使って火力アップなどという世界はまだ望んでいませんから、まずは資金。ゲーム内マネーに直結するアイテムから購入していこうと思います。

その代表格としてこの営業許可証。
三ヶ月で290円とお値段も非常にリーズナブル。
隣に並ぶ代理出店アイテムの露店も大変気になったんですがね。こちらは一ヶ月で1000円と少しお高いので今回は諦めました。まだまだ一ヶ月も出店し続けるほど売るアイテムが豊富な訳ではありませんしね。


イメージ5454


という訳で早速、私のレベルでも出来る金策をスタートです。
兎にも角にも以前しっかりと勉強をしましたレアファミリア。こいつの収集から始める事にします。
特にこのマスターデスマリオネット。100mや200mで売れるというレシピをドロップすると聞いた事がありましたので、その夢も見つつ数時間狩り。

結果そのレシピは出ませんでしたがまずまずのファミリアが集まりましたので倉庫に預けて次の狩場へ。


イメージ5460


それがこちらライカンスロープ。
こちらもレアファミリアをドロップするモンスターで、おまけにマスターデスマリオネットと違って比較的狩られる機会の少ないモンスターですから、同じレアファミリアでも価格が少し違ってきます。
ついでに日の手裏剣をドロップするモンスターでもありますので一石二鳥。しっかり狙っていきたいと思います。

が…私のリアルラックの低さが浮き彫りになってきたのか日の手裏剣はドロップせず。
数枚のファミリアカードを手に帰還する事となりました。まぁ…仕方ないね。


イメージ5465


最後に各地のモンスターゲートからボスを討伐して回ってファミリアカードを狙ってきました。


後はおまけに余ったポイントで…。


イメージ5446


千円分メイポン。
あまりの懐かしさについ手を出してしまいました。
ガチャポンはどのゲームでも楽しめますからね…まぁこれも良い息抜きとしましょう。

で、メイポン品含めファミリア達もしっかり価格調査をした上で…出品。


イメージ5462


今すぐお金が必要な訳ではありませんから、徐々に売れてくれればいいなと思います。

やっぱり金策には露店許可証が必須ですね…。
今は昔と違ってフリーマーケットに集まる人も少なくなってきていますから、「○○売ります!」って手も使えませんしね。
それで拡声器を使って売り手を探すくらいならもう少し出して許可証買った方が絶対にお得です。

この調子で140Lv装備に必要なお金を貯めていきたいですね。
それとレベル上げも。そろそろルートアビスも適正外になりますから、また考えないと。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:4   trackback:0
[メイプルストーリー
自動車教習所体験記8 S字クランクを無理矢理攻略してみる

こんばんは。

今回は久々に自動車教習所体験記の続きとなります。

実は卒業するとき、お世話になった教官に声を掛けさせて頂きまして飲み会をやる約束をしていたのですが、
卒業して約一ヶ月。その飲み会がつい昨晩行われました。私が主催という事で各々のスケジュールの調整に大変な思いをしましたがやって良かったと思いますね。
先日までコレとディズニーの件で少し慌しかったので、記事を書くのに若干の労力が必要な体験記は更新出来ませんでしたが、今後は以前と同じくゲームの記事とバランスを取りながら更新していきたいと思います。




さて。

それでは自動車教習所体験記の続きで…。
今回は「狭路編」。いわゆる"S字クランク"道路の通行となります。


kurankusji.jpg


ふ~む。
これは参った。

前回の更新が半月ほど前ですので忘れておられる方も多いかと思いますが、この私…カーブに散々手を焼いた教習劣等生なのです…。
その原因であったハンドル操作の意識は一応改善されましたので、通常のカーブは何ら問題なく通行できるようにはなったのですが…今回は狭路。S字…そしてクランク。この難易度の高い道路を通行しなければならない。

そもそも外に出てからS字やクランクがどれだけあるんだよって吠えたいところでもありましたが…。
そんな教習生はいない。そうこれはおとなしくやるしかないのだ…絶対に試験でも出てきますしね。


という事で実際にS字道路からスタート。

入りは小回りするカーブだと思えば何ら怖くありませんが…。
問題はそこから先。滑らかに曲がるS字のカーブが…襲い掛かってくる。
車両感覚を全くといっていい程意識していなかった私にはこのカーブあまりにも未知数すぎた。

運よく教官の補助ブレーキや脱輪などもする事なく越えられましたが、その時担当の教官から一言。「インを突きすぎだよ」と。
実際にドアを開けて確認してみましたが確かに小回りしすぎている形跡は残っていました。でもね…運転席の右側がしっかり開いていないと不安なんだよね。ブツけたら…嫌だし。

うん…。
そこから何週かはしてみましたがあんまり改善されず。
通れはするものの教官的にはかなりヒヤヒヤらしい。

そのままこの時間では厳しいと判断されクランク道路へ。

クランク道路といえば、私のイメージでは2回カクッと曲がるだけじゃん。ってイメージが多少こそありましたが、実際にやってみると案外そんな事はなかった。
クランク道路もS字道路と同じく補助ブレーキを受けることや脱輪などをする事はありませんでしたが、今回ばかりは自分の目で見てわかるほどにギリギリでした。目の前のポールに…当たるんじゃないかと思いながら走行していました。

その理由は非常にシンプルで曲がるタイミングが遅かっただけなのですが…。
こんなタイミングで曲がったら内輪差でガッと引っかかるのでは…とビビって曲がれないのだ。
確実に曲がれるだろうと思ったタイミングではもう時既に遅し。教官のヒヤヒヤするぎりぎり運転のスタートとなります。

これに関しては私が…車両感覚や車の動きを完全に理解する必要が出てくるのですが…。
そんな事を言われても運転中は精一杯なので無理である。普段から助手席や後部座席に乗ってる人はもしかしたら普通に理解できる事なのかもしれないんですけど、私はそもそも車に乗ったことが殆どなかったので何となくイメージしにくいところもあった。頭では何となくイメージできるんですけど、実際に運転してそのように動かせているのかなというイメージはあんまりできなかった。とにかく必死…必死なのです。

そんな状態が何度も続き、一度もぶつけてはいなかったのですがいまいち教官をスッキリさせる事ができず一回…二回と狭路の復習項目が続いていきます。
この間も教習は進んでいく訳ですが、復習項目としてばっちり残っているので合わせて教習を受ける事になりました。

その間の教習に関しては殆ど記憶が残っていない程にイージーでこれといって引っかかる事もなくこなせましたが…。とにかくS字・クランク道路。こいつらだけが長期間残っていました。


このままではまずい。
今の自動車教習は非常に楽になっておりまして、教習をクリアできずに復習項目がついても"やり直し"という事はなく"次回の教習でもチェック"という形で進んでいきますので、実質教習時間数が伸びるという事は殆どないのですが…。
最終教習の"みきわめ"に関して言えば話は別。全ての項目をクリアしていないとこの教習を受けることはできません。つまりその時点で復習項目が残っていたらそれは即ち時間数の超過…一時間多く教習を受けなくてはいけない、という事になります。

以前の記事でも少し書きましたが私、彼女と毎時間同じように通っておりましたのでこの"居残り教習"…これだけは受ける訳にはいかなかった。教習時間がずれる、もしくは合わせてもらう為に少しの間待ってもらう必要が出てくる上に、何てったって男の私がそんな醜態を晒す訳にはいかない。男たるもの車なんかサクっと運転するべきだ。

だからこのままS字クランクを"いつかできるだろう"と軽視しておく訳にはいかなかった。
そこで情報収集をしてみる事にする。いつも私がゲームの攻略法を探す時のようにインターネットで…そしていつも私がプレゼント選びに良いお店を探すように友人らに…恥を忍んで聞いてみる。S字クランクの攻略法とやらを…!


しかし収穫はいまいち。
そもそも友人らは教習所を卒業して暫く経っているので教習内容などすっかり忘れている。
ああ…狭路なぁ。最近殆ど走ってないからなぁ…まぁクイッといってホッと行くのがコツだ。とかそんなレベル。全然参考にならなかった。もうあいつらに頼るのはやめだ。やめ。

インターネットの方はまだ参考になった意見もありましたが、やはり文字では多少理解し難いものもあり、そもそも前提として車両感覚を理解している方のアドバイスばかりで私には難しいものが多かった。

こうなったらもう仕方ありません。
自らの手で攻略するしかない…この狭路を。



そこでインターネットで参考になった意見や、友人らのアドバイスをある程度加味して私なりの…私に向いているであろう攻略法を編み出す事を目標に次の教習をスタート。

ぶつける事を恐れず…敢えて「ありえないだろう」…そんなタイミングで曲がってみたり。
勿論段差にぶつけてバックするはめになった事もありました。しかしそれもこれも狭路攻略の為。
一回二回とそんな教習を重ねて…三回目。ついに見つけました私向きの攻略法を。

その甲斐あってか三回目は何の問題もなくクリア。
ついに長期間私を悩ませたS字クランクの復習項目を消し去る事に成功…!

という訳で私に似た人がいた時の為にその攻略法、記しておきたいと思います。
私みたいな人…そんなにいないと思うんですけどね。ええ…


S.png



まずS字道路の場合。
私の場合はスピードを出すことが攻略の鍵となりました。

教官は皆口を揃えてスピードを落として曲がれと言いますが…。
それは正解なのです。狭路ではスピードを落として確実に曲がるべきだとそう思います。
が、私の場合どうしてもインについてしまいますので、それを物理的に相殺すべくスピードを出してみる事にしました。

するとこれが意外といい方向に働きスムーズに通れるようになりましたね。
スピードが出てるぞという注意を受ける事はありましたが、綺麗に通る事さえできればそれでいいのです…ええ。

後は大げさに回るという意識がちょっと救いになりましたね。
右側はちょっとぐらい行っても当たらない…という事もここで覚えた気がします。


次にクランク道路の場合ですが…。
こちらで教習中探っていたのは車両感覚でも車の曲がり方でも何でもなく、ただただ曲がるタイミングでした。

この地点に到達したとき…。
ハンドルをめいっぱい回せば綺麗に曲がれる。
そんな地点を何度か試して発見することができました。


K.png


それがこのタイミング。

運転席から見て、道路の角と自分が平行する位置まできた時に…思いっきりハンドルを回します。
これで後はOK。次のクランクも逆なだけで原理は同じです。綺麗に曲がれるはずです。
ただ前提としてスピードをしっかり落として右側を空けておくのは大事ですね。これを怠ると失敗すると思います…。

S字の攻略はともかく、クランクのこの攻略に関しては今後にも結構影響しましたね。
ただのカーブに関してもなかなか綺麗に曲がれるようになってきたかなと思います。
ここがスタートで後は順々に車両感覚を身につけていったという感じでした。


という事で私はこのように二種類の狭路を乗り越えることができました。
これがきっかけで徐々に細かい運転、車の動き方もイメージできるようになりましたね。
この調子でみきわめ一発合格を目指していく事にします。次回は…難しいと噂の坂道発進へ。
関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[自動車教習所体験記
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。