08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は
01/14 (Wed)   テイルズを知らぬままカンストしてしまった男


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
人生は、出会いと別れの連続だ。

こんばんは。

本日、近畿にて木枯らし一号が吹きました。
十月も終わりに近づき、いよいよ冬を迎える事となりそうです。
今年も後二ヶ月。色々と忙しい時期になって参りますが、皆様お互いに頑張っていきましょう。

さて、本日はゲームとは全く関係のない雑記。
私の友人がインターネットの世界から離れるという話を受けての私の想いを、少々綴らせて頂きたいと思います。



まずは私、こういう話が苦手でした。

インターネットの世界では、「引退します、もう来ません。」 「え、なんで?寂しいよ;;」 みたいなね。そういう事態に少なからず遭遇する事になると思うんですけど、私は本当こういう話に入っていけなかったんですよね。
普段は仲の良い方達だったとしても、こういうやり取りが起こる度に感覚にギャップを感じていました。

私にとってはゲーム内で仲の良い人も所詮は画面の向こう側の人で、それ以上でも以下でもない。リアル友達と同じレベルの感情は入りませんし、その人のリアルに干渉しようとも思わない。
でもネットの世界にはそういう人たちが沢山いる。ゲーム仲間との別れを本気で惜しむ人たちがいる。
私はそんな彼らの事を、変だと思っていました。もうちょっと悪く言うと、ダサいって思っていました。

その感覚は今でもそれなりに健在で、私はそんな話をする事が苦手です。
私の友人がこの世界を離れるまでにまだ数ヶ月の猶予がございますが、恐らく私は今以上に友人との距離を詰める事ができないでしょう。わざわざスカイプなどで待ち伏せて最後の会話を交わす事も、友人のブログに長文のコメントで思いの丈を述べる事も、私にはできないでしょう。

だから、私が最も長文を書いてきたこのブログで、
もしかしたら見てくれるかもしれない。という期待を胸に秘め…
今回こんな記事を書く事にした次第。無関係の方には大変、申し訳ない。


と言っても、前述した通り私非常に不器用な男です。
自分でも口惜しい気持ちにございますが、素敵なお別れメッセージなど、書く事はできません。

でも、その友人との付き合いは本当に良いものでした。
勿論楽しい事ばかりではありません、喧嘩する事だってありました。
それでも殆どがくだらない事で笑い合い、皆で楽しむ事ができる日々でした。

今では各々リアルの事情であったり他ゲーへの移行などで散り散りになってしまいましたが、それでもたまに集まった時には本当に楽しい事が起こりました。
傍から見ればくだらない事です。でも、現実で辛い想いをしている時、一人ぼっちで居る時、その場所は本当に居心地の良いもので、私にとっては唯一の居場所であった時期だってありました。

その居場所を作ったのがその友人でした。
彼女はどちらかというと、私とは違う感覚を持った人でした。
でも、だからこそそういう場を作る事ができたんだと思います。


そんな友人が今回、このネット上の世界から去る事となりました。

私の想いとしましては、兎にも角にも応援したいという気持ちでいっぱいです。
今回の事態はただの気まぐれで起こった訳ではなく、彼女なりに思う事もあってしっかり決心して起こしたものだと思います。

キャラクターなどの消去はもちろん、ブログやスカイプなども削除するとして繋がりは一切排除するとのこと。
ネットゲーマーの方はわかると思いますが、思い出が沢山あればあるほど、自分のキャラクターを削除するのって結構勇気の要る事だと思うんです。そして友人らとの繋がりを排除するというのも、大変勇気の要る事のはずです。

仮に私がそうする時、それは今までの自分と決別し、再スタートを切る時だと思いました。
そんな友人の事を、私は応援したい。具体的に何を応援しているかはこの場ではちょっと話せませんけど、リアルの事です。過去の自分と決別しこれから自分の人生を戦って行くという友人を私は、全力で応援したい。
そして幸せになってほしい。私はあくまでネット上の付き合いという一線を引いていたから、そんなに偉そうな事は言えないと思うんですけど、今まで沢山つらい思いをした分、幸せになってほしいです。

そして最後に少しだけダサい事を言うと、やっぱりちょっと寂しいです。
友人の決心にあんまり水を差したくはないんですけど、出来れば1年に1回。無理なら5年後10年後でもいいから、現状なんかを聞かせてほしいです。
子供が生まれたよ、とかそんな他愛もない話を、友人から聞いてみたいんです。

その時を期待して、私はこの名前このブログで出来る限りやっていこうかなって思っています。
ふと思い出した時に、名前なんか検索してまた来てくれると嬉しいです。それまで月イチでもいいから更新、頑張りたいですね。せめて廃墟にはしないように(汗)


さて、そんな感じでこの私的な雑記は終わりとさせて頂きたいと思います。
自分で読み返してみましたが、やはりダサい。本当にクサい事を言っていると自分でも思います。
これでも思いの丈を抑えて、書いたつもりです。最後に「今までありがとう。」とか言っちゃうと、最高にダサいでしょう?(笑)

次回からはまたゲーム記事の予定。
それではまた。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[雑記
「Heretic Blader」攻略と倒す順番などの紹介

さて。

今回はBladerシリーズ第三段、「Heretic Blader」。
この最強クエストシリーズの中では最も簡単だと言われていますね。


IMG_4577.png


今回使用したノーコンデッキはこんな感じ。

他二つのクエストでは高速周回に挑戦していましたが、
今回の「Heretic Blader」では安定周回で回してきました。
その理由はただ一つ。雷属性の戦力があまりにも乏しかったという事…。

先日運良くセティエを引くことができまして、他女将のフル覚やトウマのSS化で確実に強化は出来ているのですが、私の雷精霊にはエンハンスやチェイン攻撃などのアタッカーが圧倒的に少ないのです。
ホント、今思えばウクレレバロンは確実に取っておくべきだったのですが、あの時は何かね。遅延はファム居るし…7連続正解で攻撃アップとか微妙やろと、本気でそう思って何のためらいも無くスルーしてしまったのでした(汗)

チェインエンハンスはもちろん、大幅エンハンスですら多分トウマしか居ないので…。
今回はもう早々に諦め。回復を減らしてメーベルを入れるなどしてちょっと周回速度上げに挑戦したくらいですかね。


という訳で今回は少しでも周回速度を上げた安定パーティについて紹介。

まずパーティ編成ですが、遅延を1枚。(2枚あれば尚よし)
AS回復は2枚あれば上等でしょう。SS回復も1あると安定しますね。
後は火力が不安なら火軽減を1枚入れる程度でしょうか。それ以外はゴリゴリのアタッカーでOK。

ここで地味に注意したいのが初戦の雷骸骨。
彼が5T継続する軽減を発動した後、単体1200程のダメージを与えてきますので、
出来れば軽減発動前に、無理でも攻撃を貰う前には倒しておきたいので、生贄枠の雑魚カードは入れない方が良いかなと思います。

私のパーティではどうしても軽減は撃たれてしまったので、二戦目までにスキルを溜めて、
二戦目のスキル反射にセティエの遅延をぶち込んで助っ人と交代という形をとりました。
これは攻撃スキルなどでもオーケーなので、自前遅延が居ない人はここで助っ人遅延と交代するといいでしょう。

そして「Heretic Blader」の最難関が三戦目でしょうか。
ここの火狼が力溜めからの4000弱ダメージを与えてきます。
遅延を掛けて封印を使ってくる水ファントムから処理して後は狼をフルボッコです。

ここで火力が足りないと攻撃を貰ってしまうので、火軽減なんか持ってくといいかもしれませんね。
まぁアタッカーを入れて誤答さえなければ行けるとは思いますが…!その辺りは各々魔力0期間にでも調整するといいですね。

以下個人的ですが倒す順番などを紹介。


◇1戦目(水:雷:水)

中から倒します。
2T以内で雷骸骨を倒して軽減を阻止。(目標)
後は三色を潰したりスキルを溜めるなど準備しながらスライムを処理

◇2戦目(水:雷)

開幕遅延で助っ人と交代。
私の場合は回復が多かったので(大幅x1 かなりx2 SS回復x1)
大幅遅延のセティエを助っ人のファムorファムチorバロンと交代させてました。

遅延さえ掛かってしまえばどちらから倒しても大丈夫だと思います。
強いて言うならダメージの大きい雷から。
ちなみに開幕の割合攻撃でHPが気になりますが、SS回復はしなくても大丈夫です。

◇3戦目(火:雷:水)

右→中or左の順で倒します。
まずは開幕遅延で封印を使う水ファントムから処理。
その後は余裕があれば中から。無い時は先に左から倒します。

私のパーティには軽減がいないので火狼を無傷で倒すのがここでの最低目標。
誤答などが続き攻撃を貰ってしまった場合はリタイアです。

◇ボス戦(水:水:雷)

左→右→中の順で倒します。
水スライムの攻撃が痛いので開幕遅延で即処理。
その後は軽減を使う雷骸骨へ。

周りの二匹さえ倒してしまえば、後は危険な時に遅延&SS回復を使うなどして基本安定です。
リュコスのパターンは固定されているので、慣れればスキル調整もしやすいですね。


このように助っ人込みでも良いので遅延が二枚あればめちゃくちゃ簡単ですね。
自前遅延が無い場合は2戦目は我慢して攻撃スキルで助っ人と交代して3戦目で遅延という形になりますかね。
後はボス戦までにスキルを溜めて、という流れになると思われます。

この「Heretic Blader」に関しては遅延がファムしか居なかった状態でも簡単にクリアできていたので…。
Bladerシリーズとか絶対ムリムリ、って人も一度調整してみると良いかもしれませんよ。
女将やパッツァなどのイベ報酬カードでも、十分戦えますからね。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[魔法使いと黒猫のウィズ
「Divine Blader」 高速周回に挑戦

さて。

本日はBladerシリーズの記事第二弾。
「Divine Blader」。例の如く備忘録的な意味合いが九割。


IMG_4546.png


今回のノーコンパーティがこんな感じ。
リヴェータは生贄からの助っ人召喚です。
覚醒状況はリースのみ6覚で後はマナプラスのみ。

これで約30T前後です。
ザラの怒り調整は必須ですが5Tでもぎり倒せるかも?
6T撃破についてはイザヴェリが二枚居るので安心感がありますね。
また、遅延が二枚居るという事でHP調整は勿論道中も比較的安定しています。

ただ…。
時間がかかりすぎる。

しかも、必死に時間かけてボスまで辿りついても一つの誤答で終わってしまう。
通常ダンジョンであればまだ良しですがここはパネル難易度の高いBladerシリーズ…。
はっきり言ってこれは結構なストレスです。こんな事続けてはいられない。

という事で今回も高速パーティを検討。
Twitterのフォロワーさんや各種ウィズブログなどを参考にしてくみ上げたのが…。


IMG_4553.png


このパーティです。(リンカは助っ人)

人によっては回復は1だけ積むなど色々パターンがございましたが、
実際試してみたところ回復はいてもいなくても変わらない感がありましたので抜きました。
エンハンスで武装してひたすら殴ろう大作戦。魔力0という事でがっつり試走してきました。

しかしながらこの高速周回、精霊をそろえたからと言ってさくっとできる訳でなく、
やはりというべきかエーテルは必須のようでした。勿論、可能であればマナも。

何度か無覚醒で試してはみましたが明らかに無理そうだったので…。


IMG_4552.png


魔道杯や他イベなどでも有用な精霊のみフル覚醒。

正直アスモに突っ込むのには勇気がいりましたが、先日ニコ生クエストで大量にハイエーテルを頂いたところでもありましたし、この先使いどころと言えば11段用の精霊のみになると思うので、ここは勇気を出して突っ込み倒しました。全部で4000%…?ほどでしょうかね?これで見事にエーテルの在庫はすっからかんになりました。

しかし、そうまでしてもこの高速周回なかなか安定させる事が出来ず…。
最終的には上記パーティ(アスモ、アカリ、イザヴェリx2)にリヴェータを助っ人にするという形で唯一クリアできました。
人によっては遅延無しで攻略できているようなのですが、私には何故か無理そうで。生贄枠分での差が出ましたかね?

攻略自体はこのパーティで大丈夫そうなのですが、誤答は一切許されないので…。
クイズ力のない私はおとなしく安定パーティのほうが良いのかなと、ややショックな思いをしました(笑)

次回はとりあえずこの高速周回用で回ってみますが、
厳しいようなら最初のパーティに切り替えるかも?

以下倒す順番などの紹介を。


◇1戦目(火:雷:火)

左→中→右の順番で倒します。
毎ターン攻撃をしてくる左は真っ先に倒します。
他の二体は力溜め攻撃が飛んでくる前に倒せればOK。

ここで重要なのが、生贄を入れる場合最初の左の攻撃で沈むHPのカードにすること。
パネブ目的でベリアルなんか入れると、最後まで死なずに残ってしまう事も(汗)
高速周回は出来るだけ攻撃を受けずに進めていく形になるので、なかなか死にません。

◇2戦目(雷:水:雷)

右→中→左の順で倒します。
右の雷竜は1T攻撃なので1Tでコイツを沈められるのが前提です。
また、その後の2Tで水龍を落とすのも重要。先ほどのパーティなら一応安定でした。

◇3戦目(火:雷:火)

中→右→左の順で倒します。
まずは火ガードを使ってくる雷から処理。
この時ターゲットを上手く散らしながら効率的に攻撃できるといいでしょう。(特攻だけ雷にターゲッティングするなど)
出来れば、右からの攻撃も貰わずに超えたい場面。

◇ボス戦(雷:雷:火)

ここはまず、入場してすぐに遅延を掛けます。
そしてアカリのエンハンス→アスモ、イザヴェリx2でスキル発動。
これで左右のお供は両方倒せます。倒せなくてもアスモの攻撃が飛んでいくので反射や封印を撃たれる心配はありません。

後は遅延込みの6Tでボスのザラジュラムさんを総叩きにするだけ…。


問題はここまでほぼ誤答が許されないという事ですね。
私が安定しない理由はそこに大きくあるので、それだけがやや悩みの種です。
カーナでも一枚あればね、非常に大きいのですが、出る気配すらありませんねぇ…カーナ。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[魔法使いと黒猫のウィズ
「Demon's Blader」 攻略とノーコンデッキの紹介

さて。

今回はブレイダーシリーズについて、備忘録的な役割も兼ねつつ記事にしてみたいと思います。

まずは皆様、デモブレ、ディバブレと二日続けてお疲れ様でした。
ここ最近イベントが乱発されておりましたので元々小忙しくプレイしてはおりましたが…。
このブレイダーシリーズで大打撃。二日目のディバブレ終了時点でもうなかなかの疲弊具合でした(汗)

とはいえブレイダーシリーズの報酬精霊は有用なものばかりですので…。
気張っておきたいところですね。精霊もなかなか整ってきたところですし。


IMG_4536_20141014142712de3.png
IMG_4539_20141014142714030.png


さて、という訳で今日は「Demon's Blader」のお話から。

まず今回のテーマと致しまして第一に掲げたいのが周回速度の向上。
今までは回復やら遅延やら軽減やらを大量に積んで何とかクリアしてきていたのですが…。
もう疲れた。初回報酬目的ならそれでもいいんですけど、ドロップを狙って周回するとなればこの長ったるさは正直致命的。だるい、めんどい、ストレスが溜まるの三重苦。何もいい事ありません。

そこで前回の魔道杯でツクモを手に入れたという事もありましたので今回周回速度UPに挑戦。
回復をがっつり減らして攻めに行く姿勢を取りました。魔力0だからこそ出来る芸当ですね。

で、色々なパターンを試した結果上記デッキに落ち着いた訳ですが、(ルリとカルムは助っ人)
当初に比べ多くの精霊が増えている事もありましてデッキ選択の幅が広がりましたね。

個人的に最低限必要だと思われる条件として挙げられるのがこちら。

・AS回復1~2枚(1枚の場合はSS回復も1枚)
・遅延1~2枚
・火軽減0~1枚
・3戦目の雷竜の攻撃を耐える蘇生持ち

中でも私は最後の条件を推しています。
当初は雷軽減(キリエなど)を入れて雷竜の攻撃を対策しておりましたが…。
正直キリエは弱すぎる。3戦目を終えるとただのAS大回復になってしまうんですよね。

そこで用意したいのが雷竜の攻撃を耐える蘇生持ち。
雷竜のダメージは大体2500~3000程なのでマナやエーテルを惜しまなければそんなに難しい課題ではないはず。

オススメ精霊は全覚醒のアルフですかね?
フルマナフル覚でHP2387+潜在の100UPがついて約2500。
更に4覚目に雷属性ダメージの軽減がついているので更に耐久力アップ。
単純計算雷竜からのダメージが大きくても2700未満になるので、他の精霊で味方HPUPの覚醒を2つ、不安なら3つつければそれだけでもう条件は達成です。

これで他の精霊が倒れてもSS発動で蘇生、自分が狙われても無問題となりますので、猶予ターン内に雷竜を落とせる火力が積めればOKです。苦手属性にも打点を出せるエンハ勢や3連正解キャラなどが居るといいですね。


他、気をつけたいポイントといえばやはりボス戦でしょうか。
火属性弱体化からの連撃が非常に強いので要注意ですね。

火力を積めれば遅延1枚でも大丈夫でしたが、そうでなければ遅延を2枚、あるいは遅延1枚+火軽減が1枚欲しいですね。蘇生狙いなどは運ゲーになるので、やはりここはクイズ力に左右されるところかなと思いました。
余裕があれば見破りキャラなどを入れて安定を図るのもいいですね。

先日の3000万イベントでチェルシーが配られましたので、水の遅延が居ない人は水に進化させておくといいかも。
2T遅延でも弱体化連撃は避けられますので、助っ人こみで遅延2枚体制にできると考えると非常に有効!
後で自分で3T遅延を引いたときの為に、変身用の素材をとっておくとなおベストですね。

最後にやや個人的ではありますが、倒す順番などの紹介を。


◇1戦目(火:火:水)

左→中→右の順番で倒す。
必要がある場合は中央の火龍だけ残してスキル溜め
助っ人用の生贄を落としておきたい場合はここで粘る事も

◇2戦目(水:火)

右→左の順番で倒す。
右の火龍が3T封印を使用してくるので注意。
遅延2体制の時は開幕遅延を打つことも有り。
でも基本ごり押し。事故や極端な誤答がなければ大丈夫です。

◇3戦目(雷:火:火)

中→右→左の順番で倒す。
ここは開幕遅延安定。右の二体は行動させる前に沈める。
後は雷竜をボコるだけ。同じく事故や誤答、極端な偏り(標的や回復量などの)が無ければ問題なし。

◇ボス戦(火:火:水)

右→左→中の順番で倒す。
ついしがちな開幕遅延は絶対に禁止。(弱体化→連撃がほぼ確定します)
まずは全体封印を使ってくる水キマイラから処理して、左へ。弱体化を使われてしまった場合は必ず遅延or火軽減を。とにかく弱体化連撃だけは絶対に避ける!

左右を倒してしまえば、遅延やSS回復、あるいは蘇生などをタイミングよく使えるので安定します。
注意点は何と言っても弱体化連撃。あと水キマイラを軽視しないこと…地味につらいです(汗)


今回活躍した精霊たちの中でMVPと言えるのはやはりツクモでしたね。
前述しましたアルフの代わりとなれる上、80%エンハンスというのは非常に強力でした。
高HP&全属性軽減覚醒持ちなので、たまに弱体化連撃を耐えるというファインプレーもありましたね。

ただ、ASの発動条件が7連続正解という事でやや安定感は悪く感じました…。
その点無条件40%のルドヴィカは安心できましたね。彼女もまた打点UPにかなり貢献してくれました。

そして予想外に活躍したのがルリさんでしたね。
全覚醒ですとステータスもそこそこ、術士のHPUPなどでツクモを更に強化、そしてAS&SS回復1という構成では戦後回復が非常に活躍しました。何かピノが弱く思えちゃいましたね~。
もちろんピノも二色回復、変換などで活躍できる場面はあると思うのですが、私はカルムも持ってないし、ちょっと本腰入れてルリを育ててみようかなと思わされました。

という訳で今回「Demon's Blader」の記事は以上。
これでまた来月、デッキを考え直す作業がなくなると思うと楽になった気分ですね。
万人が活用できる攻略法ではないと思いますが、宜しければご活用下さいませ。

しかしながら、ここまで長々と書いておいて一番思うことと言うのは…。
ブレイダーシリーズの肝は何と言っても、クイズ力。優秀なカードを沢山揃えようとも、多く出現する2色や3色の問題を答えられるクイズ力がないと、安定はしないようです。
悲しいながら、私はクイズ力がない方なのでここが、厳しいポイントです。
先日追加された新問題というのも、なかなか今回ボディに、効いてきましたねぇ…。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[魔法使いと黒猫のウィズ
祝3000万DL記念!限定精霊狙いで60連+αしてきました。

こんばんは。

さて、本日から10月。いよいよ秋本番といった感じですかね。
日中はまだ過ごしやすい気温ですが、朝や夜はやや肌寒い日も増えてきました。
この時期は、非常に風邪を引きやすい季節です。皆様もお気をつけ下さいませ。

それはそうと、今年も残り三ヶ月なんですね~。
もう毎年言っているような気もしますが(汗)早いですねぇ…。
この調子で一つ、また一つと歳をとっていくのだと考えると何とも、複雑なものがありますね。

一日一日を大切にして、意味のある日々にしていきたいですね。
(言うのは簡単ですが、これが意外と難しい。ついだらけきってしまいます。)


IMG_4503.png



さて、それでは本日ね。「魔法使いと黒猫のウィズ」にて3000万DLイベントが開催されましてね。
これがまた非常に大規模でして私テンション爆上がりでした。1000万や2000万は何だったのか…。

イベントの詳細を大きく分けますと三点。

・既存精霊を9体SS化
・3000万DL限定精霊登場
・メイトガチャの新精霊+ミニエーテルが登場(無期限)
(他、ログインイベントやアニバーサリークエストなども有)

まずは細かい点からですとメイトガチャからミニエーテルが出現するようなりまして…。
これが非常にありがたいですね。聞く話ですと出現確率は非常に低いようですが(汗)
それでも、今まで配布以外に入手手段がなかっただけに嬉しい話です。サブクエストなどで手に入る報酬なども含めれば、昔に比べてどんどんと入手手段が増えてきましたね。
後はエーテル専用ダンジョンなどあれば良いのですが。それはなかなか難しいのですかね。

続きまして既存精霊のSS化。今回は大判振る舞いで多くの精霊がSS化されました。

該当する精霊は、

・シド、ボタン、リース
・ルリ、チヒロ、フィリー
・フェルチ、レナート、エイラ

の9体。各属性から3体ずつみたいですね。

全体的にぶっ壊れ性能のカードは見当たりませんでしたが、
どれも無難に進化をしていて、使いやすい精霊達になったと思います。
特にルリは進化前の性能を考えると非常に良い進化を遂げましたね。
一色に限れば、ピノと良い勝負をしているのではないでしょうか?

私は運良くシド以外を持っているのですが、今のところ必要そうなカードはないので保留ですかね?
強いて言うならフル覚を所持しているリースか、火力に乏しい雷属性のレナート、エイラ辺りを進化させるかも。ルリは性能はすごくいいんですけど、ピノが居るのでとりあえずスルー。水樹、足りてませんしね(汗)

この調子でばんばん既存精霊のSS化を進めていってほしいものですが、
今回9体もSS化しましたし暫くはなさそうですね~。ポワロのSS化とかしてほしいんですけどね。(ルチルの前例がありますし)


さて、そして今回のイベントの大目玉3000万DL限定性霊。
お知らせ画像にもある通り、人気精霊達がペアを組んで一枚の精霊となっております。
これは非常にロマンをくすぐります。性能的には別に必須レベルじゃないと思うんですけど…。

ご丁寧に、クリスタル割引、ウィズセレクション開催と舞台は整っています。
これはもう回さざるを得ない。むしろここで回さなくていつ回すのだと…ええ。


以下60連の結果。


IMG_4480.png
IMG_4481.png
IMG_4482.png
IMG_4483.png
IMG_4484.png
IMG_4485.png


以上。見ての通り限定精霊は出現しませんでした(汗)
というかSSランクで引けた事がないのでよっぽど縁がないのでしょうかね…。

実は更に追加で100連ほどしようかと思っていたんですけど、
「購入が完了できませんでした。」という謎のエラーで購入不可に。
調べてみると、連続で課金していると起こりやすいバグらしいですね。

iTunes storeに連絡はしたので数日中には直してもらえると思いますが…。
これはここでやめとけという神のお告げだったのかなと。そう思ったり、思わなかったり。


ちなみに今回の収穫ですがカマラx2とマサキ、ユピナ、アフロディテ辺りが初入手ですかね~。
限定精霊の事しか頭になかったので感覚的には大爆死なのですが、比較的有用な精霊を引けたようには思います。

ただカマラはもうちょっと早く来てほしかったな…というね(笑)
マサキがきた以上次回の魔道杯は10段に挑戦する事になると思いますし、
12段が水環境だったとしても11段と同じように全体攻撃が通用しない可能性もありますので、何とも言えないところ。とりあえず手が空いたら育てておきましょうかね~。

ユピナはサブクエストの条件次第で大活躍できそうですね~。
そして前回追加されたアフロディテですが、S+止まりという事であんまり期待していなかったんですけど、調べてみるとスキルはクリネアとほぼ同じのようで雷属性の状態異常解除精霊でした。
ASはかなり回復ですしステも多少低めなのでクリネアに比べると当然ハズレですが、水属性のアビスが来た時に使えるかもしれないですね。一応育てておこうと思います。

ちなみに+αの単発ではハヅキ(単品)やアシリレラなどが登場。
特に画像に残すほどでもなく。微妙な結果に終わりました。
次回挑戦するかは今のところ未定です。お知らせを見ると追加精霊がある気もするんですけど、どうなんでしょうね。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:2   trackback:0
[魔法使いと黒猫のウィズ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。