08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は
01/14 (Wed)   テイルズを知らぬままカンストしてしまった男


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
「Demon's Blader」 攻略とノーコンデッキの紹介

さて。

今回はブレイダーシリーズについて、備忘録的な役割も兼ねつつ記事にしてみたいと思います。

まずは皆様、デモブレ、ディバブレと二日続けてお疲れ様でした。
ここ最近イベントが乱発されておりましたので元々小忙しくプレイしてはおりましたが…。
このブレイダーシリーズで大打撃。二日目のディバブレ終了時点でもうなかなかの疲弊具合でした(汗)

とはいえブレイダーシリーズの報酬精霊は有用なものばかりですので…。
気張っておきたいところですね。精霊もなかなか整ってきたところですし。


IMG_4536_20141014142712de3.png
IMG_4539_20141014142714030.png


さて、という訳で今日は「Demon's Blader」のお話から。

まず今回のテーマと致しまして第一に掲げたいのが周回速度の向上。
今までは回復やら遅延やら軽減やらを大量に積んで何とかクリアしてきていたのですが…。
もう疲れた。初回報酬目的ならそれでもいいんですけど、ドロップを狙って周回するとなればこの長ったるさは正直致命的。だるい、めんどい、ストレスが溜まるの三重苦。何もいい事ありません。

そこで前回の魔道杯でツクモを手に入れたという事もありましたので今回周回速度UPに挑戦。
回復をがっつり減らして攻めに行く姿勢を取りました。魔力0だからこそ出来る芸当ですね。

で、色々なパターンを試した結果上記デッキに落ち着いた訳ですが、(ルリとカルムは助っ人)
当初に比べ多くの精霊が増えている事もありましてデッキ選択の幅が広がりましたね。

個人的に最低限必要だと思われる条件として挙げられるのがこちら。

・AS回復1~2枚(1枚の場合はSS回復も1枚)
・遅延1~2枚
・火軽減0~1枚
・3戦目の雷竜の攻撃を耐える蘇生持ち

中でも私は最後の条件を推しています。
当初は雷軽減(キリエなど)を入れて雷竜の攻撃を対策しておりましたが…。
正直キリエは弱すぎる。3戦目を終えるとただのAS大回復になってしまうんですよね。

そこで用意したいのが雷竜の攻撃を耐える蘇生持ち。
雷竜のダメージは大体2500~3000程なのでマナやエーテルを惜しまなければそんなに難しい課題ではないはず。

オススメ精霊は全覚醒のアルフですかね?
フルマナフル覚でHP2387+潜在の100UPがついて約2500。
更に4覚目に雷属性ダメージの軽減がついているので更に耐久力アップ。
単純計算雷竜からのダメージが大きくても2700未満になるので、他の精霊で味方HPUPの覚醒を2つ、不安なら3つつければそれだけでもう条件は達成です。

これで他の精霊が倒れてもSS発動で蘇生、自分が狙われても無問題となりますので、猶予ターン内に雷竜を落とせる火力が積めればOKです。苦手属性にも打点を出せるエンハ勢や3連正解キャラなどが居るといいですね。


他、気をつけたいポイントといえばやはりボス戦でしょうか。
火属性弱体化からの連撃が非常に強いので要注意ですね。

火力を積めれば遅延1枚でも大丈夫でしたが、そうでなければ遅延を2枚、あるいは遅延1枚+火軽減が1枚欲しいですね。蘇生狙いなどは運ゲーになるので、やはりここはクイズ力に左右されるところかなと思いました。
余裕があれば見破りキャラなどを入れて安定を図るのもいいですね。

先日の3000万イベントでチェルシーが配られましたので、水の遅延が居ない人は水に進化させておくといいかも。
2T遅延でも弱体化連撃は避けられますので、助っ人こみで遅延2枚体制にできると考えると非常に有効!
後で自分で3T遅延を引いたときの為に、変身用の素材をとっておくとなおベストですね。

最後にやや個人的ではありますが、倒す順番などの紹介を。


◇1戦目(火:火:水)

左→中→右の順番で倒す。
必要がある場合は中央の火龍だけ残してスキル溜め
助っ人用の生贄を落としておきたい場合はここで粘る事も

◇2戦目(水:火)

右→左の順番で倒す。
右の火龍が3T封印を使用してくるので注意。
遅延2体制の時は開幕遅延を打つことも有り。
でも基本ごり押し。事故や極端な誤答がなければ大丈夫です。

◇3戦目(雷:火:火)

中→右→左の順番で倒す。
ここは開幕遅延安定。右の二体は行動させる前に沈める。
後は雷竜をボコるだけ。同じく事故や誤答、極端な偏り(標的や回復量などの)が無ければ問題なし。

◇ボス戦(火:火:水)

右→左→中の順番で倒す。
ついしがちな開幕遅延は絶対に禁止。(弱体化→連撃がほぼ確定します)
まずは全体封印を使ってくる水キマイラから処理して、左へ。弱体化を使われてしまった場合は必ず遅延or火軽減を。とにかく弱体化連撃だけは絶対に避ける!

左右を倒してしまえば、遅延やSS回復、あるいは蘇生などをタイミングよく使えるので安定します。
注意点は何と言っても弱体化連撃。あと水キマイラを軽視しないこと…地味につらいです(汗)


今回活躍した精霊たちの中でMVPと言えるのはやはりツクモでしたね。
前述しましたアルフの代わりとなれる上、80%エンハンスというのは非常に強力でした。
高HP&全属性軽減覚醒持ちなので、たまに弱体化連撃を耐えるというファインプレーもありましたね。

ただ、ASの発動条件が7連続正解という事でやや安定感は悪く感じました…。
その点無条件40%のルドヴィカは安心できましたね。彼女もまた打点UPにかなり貢献してくれました。

そして予想外に活躍したのがルリさんでしたね。
全覚醒ですとステータスもそこそこ、術士のHPUPなどでツクモを更に強化、そしてAS&SS回復1という構成では戦後回復が非常に活躍しました。何かピノが弱く思えちゃいましたね~。
もちろんピノも二色回復、変換などで活躍できる場面はあると思うのですが、私はカルムも持ってないし、ちょっと本腰入れてルリを育ててみようかなと思わされました。

という訳で今回「Demon's Blader」の記事は以上。
これでまた来月、デッキを考え直す作業がなくなると思うと楽になった気分ですね。
万人が活用できる攻略法ではないと思いますが、宜しければご活用下さいませ。

しかしながら、ここまで長々と書いておいて一番思うことと言うのは…。
ブレイダーシリーズの肝は何と言っても、クイズ力。優秀なカードを沢山揃えようとも、多く出現する2色や3色の問題を答えられるクイズ力がないと、安定はしないようです。
悲しいながら、私はクイズ力がない方なのでここが、厳しいポイントです。
先日追加された新問題というのも、なかなか今回ボディに、効いてきましたねぇ…。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[魔法使いと黒猫のウィズ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/1064-1edeccde
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。