06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
CLANNAD ~AFTER STORY~
どうもこんばんは。
CLANNAD ~AFTER STORY~ 最終回を見終えました。
記事にするかどうか迷ったのですが、1年…4クールと長いこと放送していた作品ですので記事にする事に。

興味の無い方や、まだ視聴していない方等はこの記事はスルーで。
はい、追記にしてきました。
アニメのCLANNAD3話辺りまで見て原作をプレイ。
それ以来1年半視聴してきたCLANNADですが、今日がついに最終回でした。
正確には物語の最終回であって、番外編と総集編で2話残っていますが。

さて、肝心の最終回でしたが…。
自分が期待しすぎたのか、期待を上回る出来では無かったように思います。
不満点を挙げると

・光の玉関係が解りづらい。
・故にアニメ組は理解しづらい。
・「小さな手のひら」の使いどころ。
・直幸が出てこない。

特に大きいのは最初の2つですね。
正直なところ、アニメ組からすると非常に解りづらい内容だったと思います。
ループ?リセット?そういう疑問もちらほら見かけました。

…が、元々アニメ化には不向きなアニメだったので仕方ない事ではあります。
原作をプレイしていても、解らない人には解らない内容でしたからね…。

解りやすい伏線だと、ことみの話が一番ですね。
あれの通りで、最終回は平行世界の話だと解釈してます。
渚と汐が死んでしまった朋也の世界はリセットされていません。

渚死亡

汐死亡
幻想世界に転生(少女)

朋也、現実世界Aでの意識を閉じる(21話)
幻想世界へ(ロボット)

世界の果てを目指す。
幻想世界では距離=時間

さよなら…パパッ…
汐は幻想世界と同化

朋也、現実世界Bで目を覚ます。
渚を呼ぶ
現実世界Aで集めた光の玉解放
街を救う
故に渚生存

幸せな家族に。

アニメ組にも解りやすく解釈するとこんな感じですね。
ことみの言う通り、世界は何通りもある…平行世界という事で
現実世界Aのその後は、原作にも書かれていないのでわかりませんが。
ただ、「意識を閉じた」という文章はあるので起きてはいないでしょうね朋也は。

現実世界Bは本来は存在すらしていなかったという事です。
それが、光の玉を集めた事によって新しい世界ができました。

1期1話から渚の出産までは共通シナリオ。
そこから、現実世界A.Bに別れたと考えるといいですね。
現実世界AとBの朋也は別人だということです。

ただし、記憶に関してはこうなります。

幻想世界のロボット=21話で意識を閉じた朋也
現実世界Aでの断片的な記憶を持っている
           ↓
幻想世界崩壊、少女は世界と同化。
ロボットは22話の朋也とリンクする。
           ↓
22話の朋也=21話までの断片的な記憶を持った朋也
渚=16話までとは別人 ただし記憶はほぼ同じ

つまり、現実世界AとBの朋也は別人ですが別人ではないということに。

そして、最後の汐は現実世界Aの汐です。
恐らく、風子公子コントは現実世界Bであった出来事なのでそうかと思います。
現実世界Aでは死んでしまった汐が、幻想世界の少女となって現実世界Bに現れたと。
それは救済措置であり、幻想世界が無くなったという事を意味するのかもしれません。
幻想世界の少女は同化してましたからね、世界と。

ただ、それだと現実世界Bに汐が2人存在する事になります。
これについては、原作にすら書かれていないので自分で解釈するしかないですね。

恐らく、20話のBパートで風子の言っていた
「もう汐ちゃんの匂いまで記憶したので、近くにいたらわかります」
という台詞。
これが最終話の「匂いでわかります」の伏線ですね。

現実世界Bの風子が現実世界Aの汐の匂いを知っているという事は、風子にも何らかの形で現実世界Aでの記憶があったのでしょうね。
渚や朋也の幻想世界での記憶のように。


さて、少し考察が入ってしまいましたが感想に戻ります。
何より、各キャラクターのその後の映像が良かったと思います。
ことみのシーンに驚いたのと、智代のシーンに意味深な何かを感じましたが。
勝平って誰でしたっけ?

渚を抱きしめる時に、靴が脱げる描写も京アニらしくて良いと思いました。
最後だけは少し解釈するのが難しい内容でしたが、凄く頑張ってくれたと思います。
お疲れ様でした!


残るは2話、来週は光坂のようで楽しみです。
杏辺りもやるようですね。
関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/13-b300902c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。