06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
内視鏡検査を乗り越える

どうもこんばんは。

実は先日、月曜日ですね。会社の方は休みを頂いて病院に行ってきました。

その理由としては…ご存知の方はご存知でしょう。
昨年八月、胃の不調で入院していた事を。(伝染性単核球症がメインでしたが)

その時は二週間ほどで退院出来ましたが、
退院後胃の不調は改善されず慢性化、その状態で半年間過ごしてきました。
胃もたれ、胃痛、吐き気と戦う日々です。

そして"まさか"を想像する毎日。
胃炎や胃潰瘍ならまだいいんです。
もし…これが万が一"胃がん"であったら。

持ち前のマイナス思考が見事に作用し苦悩の日々でした。
そのような不安もストレスとして蓄積され、胃を悪くする悪循環になっていました。

そうまでして病院に行かなかった理由…それは忙しかったからではありません。


………。

そう。


img_endoscope_01.gif


内視鏡検査が怖かったから…。



この一点に限る。

ええ。

この一点に限ります。



大の大人が何を言っているのか…と、そうお思いの方もおられるでしょう。

しかし…しかし。
口にカメラを突っ込み、喉や食道を通した状態で胃の中をウロウロする内視鏡検査。
ありえません。あってはならないのです、こんな検査は。人が死ぬ。

ちょっとこの画像を見て下さい。


poripu05.gif


1.前日は決められた時間以降飲食を避けて下さい。
2.検査15分前に胃の中を洗浄する薬を飲みます。
3.喉の麻酔をします。
4.内視鏡検査を行います。


……。


b0095489_443985_20130207004619.jpg


こんな緩く終わる検査な訳がねえだろ!!

私はね、実際に胃カメラを受けた人の声を何度も聞いた事があります。
喉に麻酔をしようと、検査中は最初から最後まで嘔吐感に襲われ続ける、
更に唾を飲み込む動作は咽てしまうので禁止、ずっと唾は垂れ流し。
悲しくも嬉しくもないのに常に涙が流れます、これは検査じゃない…。

嘔吐感に襲われ続け、唾は垂れ流し、涙は止まらない、そのような人間が居ていいものか。

おまけに、私は他の方に比べ異常な程嘔吐反応に優れています。
ついでに咳をしたり唾を飲み込む癖があるので、乗り越えられる気がしないんです。
本当に。まじで。どうなってしまうのか想像ができない。恐ろしい…。



しかしですねぇ…。
私もね、もう子供じゃありません。
それに万が一大病でしたらね…。

自分が死ぬ事に対する恐怖感はそこまでありません。
ですがね、自分の事を大切に想ってくれている人が居て、心配し続けてくれている人が居て、
それなのに内視鏡怖いから…とかホザいているのは男じゃないでしょう。

だから受ける事にしたんです。


……。

でも……。
怖いものは怖いからね。
出来るだけ怖くないのを探しましょう。ええ…。


pic.jpg


と調べていると、経鼻内視鏡検査というものを見つけました。

本来口から入れるカメラを鼻から入れて検査するというものですね。
コードも細くなっていて、口からの検査に比べ嘔吐反応がとても少なくなるそうです。
最近…いや昔からですかね、胃カメラを苦手としている人が多いので…取り入れてる病院も多いだとか。

これなら私でも。
と一瞬は思いましたが…。
インフルエンザの検査ですら凄く嫌な私です。鼻からでも正直イヤだ…。


ここで一旦決心が鈍り…数日、数週間、いや数ヶ月経ちました。
胃の不調は続き、波こそあるものの悪化の一途を辿る日々。
流石にね、もう覚悟して受けるか…とね。ちょうど雨上がり決死隊の宮迫さんの話題もありましたしね…。

あの方は毎年人間ドックを受けられていて、それで早期発見されたそうですが、
私は病院にすら滅多に行かない若者です、進行も恐らくかなり早いのでしょう。

う~む…。
死ぬのはまずいしな…。


2010622300046_20130207012616.jpg


「とりあえずネットで後押しになりそうな口コミ探すか…」


と、周囲にある病院の口コミを次から次へと探していたのですが、
その中で一つ気になる口コミを見つけたのです。
口からだとか、鼻からだとか、麻酔がどうとか、そういう事ではなく…。

「寝て覚めたら終わっていました♪」

とかいうフザけた口コミを。
貴様フザけるな。全く。注射じゃねえんだぞ。内視鏡検査だぞ。

などと思いつつその口コミを一応流し読みしていると…。


img_sedative01.jpg


「鎮静剤」というワードが…。

これは…所謂手術で使われているような、眠らせてくれるパターンか!?
もしそうなら、いくら私でも無事検査を終える事ができるんじゃないか!?
とその病院を徹底的に調べました。するとその病院非常に評価が良く、距離も自宅から二駅ほど。

これは…行くしかない…と
つい十日ほど前に一度受診してきました。
そして先日の月曜日、遂に内視鏡検査の予約日です。

病院に到着し待つ事十分ほど。
処置室に呼ばれ、まずは所持品などをロッカーに入れて腰周りを楽にします。

軽く説明を受けて、最初に胃の中を洗浄する薬を飲みました。
これがまた非常に妙な味で…正直まずかったです…。
でも飲めないほどではなかったです。私が言うのですから、全人類の九割五分は飲めるはずです。

その後、台に寝かされ、
先程飲んで胃に入った薬を万遍なく行き渡らせる為寝転がった状態でぐるんぐるん回ります。
これは正直ギャグでした。恥ずかしい上にそこそこしんどい、地味に辛い工程です。


次に喉への麻酔を行います。
ワタクシ正直、麻酔と聞いて喉に針をぶっ刺されるのかと思いましたが、
麻酔はスプレーで行いました。口の中にノズルを入れて喉に向かって噴射されます。

これが若干苦しくてとても苦いのでちょっとだけ辛かったです。

その後はほんの少しだけ時間を置いて、喉への麻酔が効いているか確認します。
徐々に喉が痺れはじめ、唾を飲み込む行為が禁止されます。やはり咽るからだそうです…。
唾は垂れ流します。正直俺は帰りたくなりました。

確認が出来た後は口に内視鏡検査用の器具を装着します。
この時点では不安だらけでした。まさかこのまま始めないだろうな!?と。

ですが次にしっかりと鎮静剤の注射が行われ一安心。
これで本当に眠くなるのか?と半信半疑でしたが…。

(あー確かにぼーっとしてる感じはするなぁ)
(いや、ぼーっとして寝てしまうっていう前情報があるからそう感じるだけか?)
(ああやべぇ、これ寝れないかも、全然寝れる感じしねぇ)


……。

私が鎮静剤の注射を行われてから出来た思考はこれだけでした。
全然寝れる感じしねぇの後オチたという事ですねぇ…。

目を覚ますと検査はもう終わっていました。
いえ、正確に言うと検査の終わるほんの少し前に目が覚めましたね。
喉に通っている管が抜かれている感覚、ほんの少しだけありました。それは別に辛くなかったです。


検査は無事終了しました。
が、鎮静剤はやはり効果が強く、一人ではうまく歩けません。
病室まで看護婦さんに支えられながら移動し、それから二時間ほどは休憩をとります。

休憩後待合室に移動し診療、結果を聞かされます。
病原菌やら何やらの結果は先になりますが、私の一番気になる、胃の状態はすぐ教えて頂けました。

結果は……。
やはり胃の随所に炎症が起きているという事と…。
逆流性食道炎を起こしているとの事でした。

ガンや胃潰瘍は無し。
いや~…良かったです。逆流性食道炎はあんまり良くないんですケド…
それでもね、一安心です。投薬治療で済むなら本当にもうそれが一番です。

ただ…。
その足で会社に直行したかったので、身体の自由が利かない状態が続いたのは残念でしたね。
自動車の運転は当然、自転車の運転も禁止され徒歩で帰ってきました。

鎮静剤の副作用はほとんどなかったです。
夕方頃に一度ふと眠りに落ちてしまいましたが…それだけですかね。


今回の検査で感じた辛さは喉の麻酔が効き始めた頃がピークでしたので、
本当、内視鏡検査での苦しさは1mmもありませんでした。いやぁ…良かったです。
鎮静剤使用でのデメリットは一日安静にする必要があるって事ぐらいですね。

今、胃の内視鏡検査で悩んでいる方は是非、周囲の病院をよく調べてみて下さい。
鎮静剤を使って検査してくれる病院、そんなに少なくないと思いますよ。
これは本当にお勧めです。超がつく程の検査嫌いである私が大丈夫と言える、そんな内視鏡検査でしたよ。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/662-b0b21328
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。