06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


思い切ってレイトン教授に手を出してみた

こんばんは。

0_20121005224144.jpg


実はつい先日3DSソフトである「レイトン教授 VS 逆転裁判」というゲームを購入しました。

本当は殆ど興味のなかった作品なのですけど、先日ハードを購入した事もあって購入。
逆転裁判シリーズという事で一応存在は知っていたのですが、何せコラボレーション作品という事でしてね。はっきり言ってレイトン教授が邪魔だったんですよね。
私結構なコラボ嫌いでして今までコラボレーションしたゲームで上手く楽しめた事がないのです。

これはレイトン教授という作品が悪いという話ではなくて、
逆転裁判シリーズを目的としてこのゲームを手に取る場合、コラボレーションされているレイトン教授というゲームの存在はやはり私にとってかなりネック。
プレイした事のないゲームだからこそ尚更です。

以前ポケットモンスターと織田信長がコラボした事もありましたね。
はっきり言ってあれもかなりの拒否反応が出ていました…。


さて、という訳でこうも手に取りづらい作品であった「レイトン教授 VS 逆転裁判」なのですが、
今回購入する事となった理由は意外と単純だったりします。

まずは第一に、新しくハードを購入した人間なら必ずしも通る道なのかと思いますが、新しい対応ソフトが欲しくなったんですね。
今までは欲しいゲームがあってもこのハードは所持していないから。とそういった理由で諦めてきたのですが、そのハードを購入する事によって一気にプレイできるゲームの数が変わってきていますので、そうなってくると自ずと欲しいゲームも出てきますし、私の場合は「何かしら3DSのソフト欲しいな」という気持ちにもさせられました。

そこで当然インターネットで3DSのソフト一覧を探し出してみたのですが、
3DS…意外とソフトのラインナップが貧相ですね。これ欲しいな!あれ欲しいな!とピンとくるものがあまりなかったように思います。

人気順上位である「とびだせ どうぶつの森」は既に所持しておりますし、
同じく上位である「トモダチコレクション」はいまいち欲しいとは思えません。
結構人気なゲームなんですけどね。別にゲームの中で新しい交友関係作らせなくてもいいかな…って感じ。

そうなってくるとやはりゲームの開拓が必要なのかしら…と。
まずは半分逆転裁判という事でとっつきやすいこの作品を手にとってみたという次第です。
値段もとてもお手頃で、レビューもそこそこに良かったので安心して購入してみました。


img_about01.jpg


という訳で少しだけプレイしてみましたが、先日プレイした逆転裁判5の体験版と同じくアニメーションからスタートし、主要キャラにはボイスも振り当てられているという豪華っぷり。
ただ逆転裁判勢のボイスはどうもズコー感が激しく非常に残念でしたね。
レイトン勢は大泉洋そして堀北真希のこれまた俳優女優コンビでしたが、逆転裁判勢である成宮寛貴と桐谷美玲のコンビは完全に敗北しています。
それ程までに逆転裁判勢、特に成宮寛貴の演技はヒドいものでしたし、レイトン勢の演技は本業でない彼らにしては非常に良いものでした。

ま、ボイスに関しましてはレビューの時点で酷評されており覚悟しながら購入していたので問題ありません。
ただ成宮寛貴さんに関しましては思っていた以上にひどかったですね…よくこれでゴーサインを出したな…と。



img01_01.jpg


ボイスは出来るだけ気にしないようにプレイして、現在やっと一つの区切りがつき初の裁判パートに差し掛かっているところです。
最初の章は初プレイでもあるレイトン教授パートでしたが思っていた以上に面白かったです。
ゲーム性自体はとても良い評価を受けていましたので、これからも期待できそうですね。

裁判パートはまだ入ってすぐなのでちょっと判断がしづらいところですが、どうなるんでしょうね?今のところは逆転裁判シリーズとほぼ同じ感じなので普通に楽しめそうかな~。
色々とやる事も多いので空いた時間にゆっくり遊んでいきたいなと思っております。
今後はどうぶつの森と同じくそう記事にできる事もなさそうですが、いつかまた記事にできるようなことがあれば書くかもしれません。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[ゲーム
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/738-33f384cf
trackback