06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
レイトン教授 VS 逆転裁判 をやっとクリアした

こんばんは。


afa16e51.jpg


二十日間ほど前記事にしました「レイトン教授 VS 逆転裁判」。ついにクリアできました。
本当はまだ軽いやりこみ要素が残っていたり、ダウンロードコンテンツとして配信されているサイドストーリーが存在しているので完全クリアとまでは行かないんですけど、ストーリーとしては全章クリアで一区切りついております。

クリアまでのプレイ時間は25時間程度。
普段携帯ゲームで遊ばない私にとっては結構なボリュームでした…!

いつものペースで遊んでいたら多分もうちょっと月日が掛かったと思うのですけど、
7月25日が「逆転裁判5」の発売日でしたので、この日までにクリアしたいっていう願望があったんですね。
私の性格上、プレイ途中のレイトン教授を保留して逆転裁判5をプレイするのは抵抗がありましたから…。


50a216b57cfe6.jpg


それでは以下ネタバレを含む感想となります。



……。

さて。
「レイトン教授 VS 逆転裁判」…プレイ前は正直あんまり期待していなかったんですけど…。
非常に面白いゲームでした。レイトン教授の方はわからないけど、逆転裁判シリーズが好きな方には是非お勧めしたいです。このゲームを敬遠しているのは少し勿体無いかもしれません。

私が最も危惧していた「コラボ作品は面白くない」という偏見も見事に無くなりました。
二つの作品が見事にコラボレーションしていて大変面白い作品になっています。


強いて欠点を挙げるならば…やはり"ボイス"でしたね。
まず個人的な部分で言うと逆転勢の二人にとても違和感がありました。
声のイメージが全く違う。真宵ちゃんはもう少し声高いだろォ…!と。

まぁそれはストーリーを進めて行くにつれて慣れてきたので問題はありませんでした。

だが成宮寛貴氏の演じる成歩堂龍一。
てめーはだめだ…と言わざるを得ない。
何だあの演技は?まじでド素人の俺がやった方がマシなんじゃねえかって思えるくらいにヒドい。

最初から最後まで通してヒドかった。
うん…申し訳ないんだけど擁護のしようもない…。
「真宵ちゃーーーーーん!」って叫ばれても…うぅ…って感じ。

それに比べて宮野真守氏の演じるジーケン・バーンロッド卿。
ヤバいな。かっこよすぎた。さすが本職(?)は違うぜ…。
まぁジーケンというキャラクター自体が魅力的ってのもあると思いますけどね。

この作品の中ではジーケン・バーンロッドが一番好きになりましたね。
次いで真宵ちゃん。そしてジョドーラさんが三番ですかね。
ジーケンと真宵ちゃんの間は三馬身差くらいあるけどな。


ゲームシステムの方は大きく分けて謎解きパートと裁判パートの二つでした。
レイトン教授は全くプレイした事が無かったので、最初は謎解きパートに若干の抵抗もありましたが意外にすんなりと楽しめました。初心者用にヒントなども多かったのが助かりましたね。
最初は意地で一度もひらめきコインは使わないぞ!って思っていたのですけど、途中で限界を感じて使ってしまいました。難しいというよりは面倒な謎解きがいくつかあったんだよね…。

そして待ちに待った裁判パート。
これはもう安定した面白さでした。

基本は従来の裁判システムと同じなのですが、物語の舞台である「ラビリンスシティ」では指紋の概念が無かったりと科学的な理屈が殆ど通らなくてとても新鮮でした。さらに、証人が複数いるという「群衆裁判」システムがまた新鮮で面白かったですね。
十人同時に尋問するというのは逆転裁判シリーズではありえなかった事ですからね~。


3f8f837f8fc7ef8300d07a7088e3e033.jpg


最後にストーリーですが、序盤は正直ちょっとわかりにくかったのですけど、時間が経つにつれて世界観にも慣れてき始め中盤をすぎた頃にはもう夢中になっていましたね。

終盤は裁判パートが続いていて個人的にはかなりテンションが上がりました。
謎解きパートも勿論楽しかったのですが、裁判パートの各キャラの掛け合いがまた面白かったです。
これは逆転裁判の特徴が非常に出ていましたね。証人とかは特に…。


slide01_01.jpg


物語の結末には驚かされました。
「ラビリンスシティ」には何かしら隠された正体があるんだろうなぁ…とは思っていましたが、まさかあそこまで科学的だったとは。そしてぺらぺら喋るストーリーテラーさん。
それは謎解きパートや裁判パートなどで少しずつ判明していく展開が良かったような気もします(笑)

最後の魔女裁判では遂にレイトン教授 VS 逆転裁判の展開が登場しましたね。
後半までプレイしていてタイトルに若干の疑問が残っていたのですがやっと回収してくれました。
この二人全然戦わへんやん…と思っていましたね。バーサスってついてるのに。めちゃ協力しとるやんと。

戦うってほどでもないしスッキリしたかと言われればしていないんですけどまぁいいでしょう…。
あれはあれで熱かったですしね。仲間がラスボスだというのは。やっぱり手ごわかったですね~。


そして何よりもBGMの素晴らしさが際立っていました。
元から逆転裁判シリーズのBGMが好きでしたのですごく良かったです。
裁判BGMなんてしびれますね。もっと聞いていたかったくらいですよ。

ストーリー的には全クリアしてしまいましたが、まだダウンロードコンテンツが残っているので楽しみにとっておきましょうかね~。
ひとまずは先日購入した逆転裁判5を消化する事になると思います…!

ボイスの問題とかタイトルがどうこうとかちょっとした不満はありましたけど、それを差し引いてもこのゲーム。とても面白かったです。
コラボ作品という事でやはり抵抗はあったんですが手にとってみて本当に良かったですね。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[ゲーム
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/746-bf94945f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。