06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


花火はこんなに素晴らしいものだったのか

こんばんは。

先日、2013年8月3日の土曜日。みなとこうべ海上花火大会に行ってきました。


ええ……。
みなとこうべ海上花火大会です。

長い間私のブログに足を運んで下さっている方はご存知の事かと思いますが、
一年前、私の急病により流れてしまった例の花火大会です。
"来年は必ず連れていく"その一年越しの約束をついに…果たす事ができました。


2012年 07月29日 「相変わらず苦手なイベント事」

2012年 08月13日 「扁桃炎と思いきや…キス病?」


今年こそは…と極力健康的な生活を意識してきた甲斐があったようです。
流石に二年連続で流す訳にはいきませんからねぇ。いやあ本当に…良かったです。


さて。
それでは神戸にて行われた第43回みなとこうべ海上花火大会。
会場に到着するまでの流れや会場の様子など。記事にしておきたいと思います。


img_1502942_63547551_10.jpg


花火大会…。
そもそもね…花火大会…ってのがね。
私は苦手だったんですよ。

花火大会に限った話ではないんですけどやはり混む場所が好ましくないのです。
どうも周囲に沢山人が居る状況に慣れる事ができません。全く…落ち着かないのです。

一人ならばまだしも女性と来てる時なんかもう最悪。全神経を女性の安全に使ってしまいます。
特に満員の電車内や混雑のピーク時。女性はかなり危ないです、浴衣なんか着てると余計にね。
そしてそんな私の気持ちを知らず女性は私の顔色を窺うのです。「もしかして機嫌が悪いのかしら」と。

違う…違うのだ…。
私はただただ楽しくて、嬉しくて、トラブルのない、とても幸せな思い出にしたいだけなのだ。
その為に全神経を楽しいデートや女性の安全、そしてスムーズなリードに使っているつもりなのだ。

しかし脳をフル稼働させてる私の顔は恐らく"楽しくなさそう"なのでしょう…。
非常に遺憾である。全く思い通りにならない。遠出をすると想定外の状況がどうしても多くなります。

だから、だから。
遠出そして人で混みやすくなるイベントは…苦手なのだ。


……。

なので花火大会は…。

そこそこ規模が大きい
それほどでもない人混み
そこはかとないロマンチックさ

の"3S"を重視して場所を選んだつもりだ。
その結果が「みなとこうべ海上花火大会」。

天神祭り?あんなのはダメだ。押し競饅頭しにいって何が楽しいんだ。
いいか?大阪方面はダメだ。時代は神戸だよ神戸。"3S"を見事に満たしている。
規模もそこそこあるし、人混みもそれほどではなさそうだし、ロマンチックさもそこはかとなくありそうだ。

ウム。後は下調べだけして完璧のはずだな…。


去年の記事でも書いていますが、これが去年の私です。
結局急病に倒れ行けなくなってしまいましたので、その実態は掴めていなかったのですが…。
今年は行きました。みなとこうべ海上花火大会へと。そしてその現実を…知ってきたのです。


hanabi_012.jpg


まず最初に電車。電車で面を食らった。

花火大会の開始は19時30分。そして私がチケットを用意した有料協賛席会場の開場は17時。
ぎりぎりに行くのは恐らくマズい。つまり…18時だ。18時に入場できるよう計算して出発すれば良い。
私はそう考えた。電車の時刻表もバッチリ。不慮の事態に備え多少早めに出発するのも忘れない。

だが駅に到着した急行電車は何と満員。数年振りに見る満員電車であった。
おい…16時でこんなに混んでいるのか!?ともうこの時点で私の想定が崩れ始めた。

そして気づいた。私は花火大会を舐めていたと…そうか。みんな行くんだな。花火大会というやつは。
花火大会なんか暫く行ってなかったので完全に感覚が麻痺していた。
そうだ。世の中にリア充は…多いのだ。別にカップルである必要はない、現実で充実した生活を送り、友に囲まれ日々を楽しく生きる若者たちは行くのだ…花火大会に。

それは学生に限らず社会人でも夫婦でも、親子でも。行くのだ。
世の中に幸せな奴らはこんなに多かったんだ…。


……。

負けずと乗車。
超満員の車内。軽い群集心理も起こり得るのでしょう。
周りの人に気を遣っていない、心無い人が少なからずおりました。

この状況では…
一人の女性の彼氏として。
その女性を守る事、それが私の務めでしょう。

その瞬間、あの車内だけでは…。
私はベテランのガードマンだった。


……。

それだけでもう結構な気力を使ってしまいましたが、
何とか最寄駅である三宮まで到着。
そこから四十分程。とんでもない人の流れに沿いながら会場へと向かいます。

最初はね、余裕だったんですよ。
「どうせ少しずつ減っていくだろう」と思っていましたから。

この人混みの中には、ホテルで見る人、立ち見する人、どこか場所をとっている人。
そういう人達が相当数いるはずだ、とそう思っていたからです。
花火を見るのに3500円払って協賛席を取るやつは"少数派なのでは"という気持ちが強かったのです。

しかし…減らない。
むしろ増えているのじゃないか?と思うくらいだ。

道中三軒ほど見たコンビニはぎゅうぎゅうのすし詰め状態だった。
歩道橋は人で埋め尽くされていた。
会場近くの交通規制道路では片側二車線の道路と歩道が人でいっぱいだった。

あれ…?
私の予定では"3S"…「それほどではない人混み」であるはずなんだが…。
これって…もしかして…多くないか?人。

まあ…大丈夫だろ。
後五分も歩けば有料協賛席だ。
オラオラ。リア充どもはシートでもひいて皆で楽しく見るんだろ?オラどけよ。
ここから先は一方通行だ…!金を払った"スポンサー"だけが通れるゲートなんだよ。オラオラ。

…あれ?
みんなチケット持ってんの?え?拾ったの?
まじで?買ったの?ばかじゃねえの花火見るのに金払って…え?
いやいや…この人数やばいだろ、こんなに席があるわけ…。


img_1462477_40616099_7.jpg


って…。




工エエェェ(´д`)ェェエエ工



何だこの席数は!?
ひいふうみい…だめだ数えられん。
この席一つに千円札が三枚飛んでいるはずなんだぞ。
一体どれだけの収益が…と最初にこういう事を考えてしまう私でした。

しかし…到着した18時30分頃。
ぱっと見何万席と用意されているはずなのに、既に半分以上の席が埋まっていました。
まず空席を見つけるだけで苦労…。だめだもうだめだ。私の思い描く"3S"はほぼ崩れ去った。

そこそこの規模、それほどではない人混み。
そんなものは幻想に過ぎなかった。
花火大会にほぼ行ってない人間には想定できない世界だったのだ。


up130803b15.jpg


そして19時30分…花火大会がスタートしました。

まずは…驚いた。
何に驚いたって音と眼前に広がる大きな花火にだ。
何せこんなに近くで花火を観た事がなかったから…そのスケールに驚きました。

有料協賛席を取る理由=当日場所取りが出来ない人
だと思っていましたがなるほど…最前席で見る花火は…こんなに凄かったのか。


写真なんか撮れなかった。
というより撮る気がしなかった…。
写真で見せて伝えられる魅力じゃないと思ったからだ。

テレビや写真で見るのとすぐ目の前で放たれる花火を観るのとでは全く違う。
間間に挟んでいる写真じゃこの魅力…1mmも伝えられない。

開始二十分足らずでクライマックスレベルで打ち上げられる豪華な花火達。
ド派手な花火が連発されると周囲で歓声が沸き起こっています。
でも私は声なんか出なかった、あまりにも素晴らしかったからだ。なんて綺麗なんだ…ってそう思った。

そして気づいた、私のフザけた"3S"なんか完全に崩れ去っていた事に。
これはそこはかなとないロマンチックさなんかじゃない…最高級の素晴らしさなんだと。


SnapCrab_NoName_2013-7-2_10-48-46_No-00.png


すげぇよ…まじすげぇよ…。
花火職人まじですげぇよ…。

年甲斐もなく涙ぐんだ…。
でも花火観て泣くとかきっとキモすぎるのでぐっと堪えました。


それほどまでに良かった、みなとこうべ海上花火大会。
ここまでの茨道など無かった事にできるような、そんな気がした。
これを観れるなら…ちょっとの苦労はつきものかしら。なんてそんな事を思った。

隣で大喜びをする彼女の姿を見ているのも、なんか幸せだった。
この花火とこの人の笑顔を見られて、頑張って良かったなって思いました。

来年もまた行ってみたいですね、花火大会。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/752-5eba9e50
trackback