08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は
01/14 (Wed)   テイルズを知らぬままカンストしてしまった男


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
9月6日前後に近畿圏で巨大地震の起きる可能性が発表される

こんばんは。





e25f8f06.jpg


 今月8日、列島各地に緊張が走った。

 午後5時前。帰宅ラッシュが始まろうかという時間帯に突如、鳴り響いた警告音。気象庁が「奈良県と大阪府で最大震度6弱から7程度の揺れが起きる」との緊急地震速報を出したのだ。

 ところが、予告された大地震は起こらない。後で地震計のトラブルが原因で起こった誤報と判明し、日本中が胸をなで下ろした。

 人騒がせな“空砲”だったが、ドタバタの舞台となった同じ近畿に不気味な前兆が現れていることを知る者は少ない。

 「近畿圏でM7・9以上の揺れの兆候がみられる。早ければ9月6日の前後1日、5日から7日にかけて地中浅い場所での地殻地震、つまり直下型地震が発生するかもしれない」

 こう警告するのは、山梨県八ヶ岳南麓天文台の台長、串田嘉男氏(55)だ。

 串田氏は、著書『地震予報に挑む』(PHP研究所)で講談社出版文化賞科学出版賞を受賞した「地震予報」の専門家で、天文分野では、1994年に新彗星(串田彗星)を発見するなど、これまでに50以上の小惑星を発見したことで知られる。

 95年1月17日の阪神・淡路大震災(M7・3)の前にも3日前から変動を観測。2008年7月24日の岩手県沿岸北部地震(M6・8)や、11年3月11日の東日本大震災(M9・0)以降頻発する大型余震など、多くの前兆をFM電波でつかんできたという。

 冒頭で串田氏が指摘した「近畿圏の地震」も、この研究の流れに沿って浮かび上がってきた。看過できないのは、この未知なる大地震の前兆とみられる現象が、過去に例のない動きをみせていることだ。

 「実は、この前兆現象を初めて観測したのは08年7月初旬。これまでは、1つの地震に極大変動も1つなのが典型的なパターンだった。ところが、今回の前兆に関しては、複数の極大が現れたり収束したりを繰り返している。前例のない特殊な前兆現象が5年以上も続いている」(串田氏)

 推定される震源域は、近畿2府5県に加えて三重、愛知両県の広い範囲にまたがる。

 同氏は、発生が懸念される「近畿圏の地震」について、日々の観測結果に基づく追加情報をホームページでも公開している。

 ひとたび、起きれば未曾有の災害をもたらす巨大地震。この前兆が、空振りに終わることを願うばかりだ。


“9・6巨大地震”専門家が警告!「近畿圏でM8級の兆候が…」 (1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130831/dms1308311448000-n1.htm




なんと…。
近畿圏で大地震の兆候が現れた…との事です。

こういう予知や予言ってあんまり当たった事ないと思うんですけど、こうやって計器で観測した上で紙面に掲載されるとちょっと怖くなっちゃいますね。

まぁ本当に根拠のある話でしたら国がもっと大々的に発表すると思うので大丈夫でしょう…。
調べてみたらこの専門家さん過去にも何度か地震の予測を外しているみたいですし、ついでに言うとこの「夕刊フジ」という新聞もあまり評判が良くないので本当に大丈夫だとは…思います。

ただ適当な予言などとは違って、一応可能性としてはありえるよ。という話なのだと思いますので、
近畿圏にお住まいの方は防災関連グッズや数日分の食料などを用意しておくのもいいと思います。

地震が起きた時は焦らず冷静に、揺れが収まるまでは机などの下に隠れましょう。
揺れが収まり次第外に出て安全な場所へ。災害時の家族との待ち合わせ場所も決めておくといいでしょう。
津波の危険性がある地域にお住まいの方は津波対策も忘れずに。津波の大きさにも寄りますが基本的に高いところへ逃げるのがベストです。

災害発生時すぐに対応できるよう警戒しておくのは良いことだと思います。
もちろんこんな予知…外れてほしいなと思うばかりですけど…。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/771-86f0c4e8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。