08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は
01/14 (Wed)   テイルズを知らぬままカンストしてしまった男


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
自動車教習所体験記4 初めての学科教習

こんばんは。


さて。
必死こいて無事入所する事のできた自動車教習所でしたが…。
この疲労感とは裏腹に、教習に関してはまだスタート地点に立ったばかり。

何でも"最初の一歩"が難しいものですが、しばらく"最初の一歩"を踏み出していなかったものですから、本当にえらく疲れました。この時点でもう一種の達成感すら覚えましたね…。
ハァ~やっと終わった。って自分の中にある緊張の糸が切れかけているようなそんな感覚。

ですが三十万払っておいてここでハイ終わりという訳にはいきません。
まずは気合入れて教習所のシステムから覚えていかねばならない。入所日に軽く説明はされていましたが、結局は自分で教習手帳でも開きながらしっかり覚えるしかないんだよね。


まぁ殆どの人が知っていると思うんですけど、自動車教習所ってのは実際に運転をする"技能教習"と車の運転方法や交通ルールなどを頭で学ぶ"学科教習"という二種類の教習があります。
他にも応急救護教習やシミュレーター教習など教習の種類としてはもう少しありますが、それらも技能もしくは学科のカテゴリに入りますので大きく分けて教習の種類は二つとなります。

更に本免許取得までの道のりとして、中間地点に仮免許証というその名の通り仮の免許証を取得する試験がございまして、この試験を受ける為には"第一段階"とされる学科教習そして技能教習を全て受講した上で、学科能力の問われる"学科効果測定"、そして運転技術の問われる"修了検定"に合格しなければなりません。


仮免許までの道のりを軽く纏めるとこんな感じ。


[入所] (現在位置)
 ↓
[学科教習-12時限] & [技能教習-15時限以上]
 ↓
[仮免前学科効果測定] (条件:学科教習を全て受講する)
 ↓
[修了検定] (条件:技能教習を全て受講し、効果測定に合格する)
 ↓
[仮免許学科試験] (条件:効果測定、修了検定の合格)



非常に険しい道のりである…。

要するに学科教習と技能教習を全て受けて、効果測定→修了検定→仮免学科試験の順で合格すれば良いという話なのですが…。
この時は前述した通り入所した時点で電池が切れかけていたのでかなり険しい道のりに思えました。

なので、そもそも車が苦手だった事も影響して技能教習にかなり億劫になってしまい…。
とりあえず学科教習から受けてみよう…と。車に乗る覚悟はまだ持ち合わせていなかった。


という訳で後日、早速初めての学科教習を受けに教習所に足を運んでみました。
技能教習は予約が必要で更に1日2時間までという制限がありましたのでつい億劫になってしまいましたが、それに比べて学科教習は楽勝。教習スケジュールに合わせて教室に訪れさえすれば受講印を頂く事ができます。
運転は怖いしね。学科教習でちょっと学んでからの方がいいに決まってる。ウム。まずは準備期間だ。

色々と理由もありまして、入所から卒業まで彼女と同じペースで…というか全ての教習を一緒に行くという約束をしてしまいましたので、正直いつまでも運転イヤダーとか言ってる訳にはいかないんですが…。
それでもやっぱり一発目から運転はちょっと緊張する。私の場合途中で車に酔って所内コースですらまともに走れない気がしてたし。

一緒に通うことに関してはまぁ…普通に通うより明らかにペースは落ちてしまうのでしょうが、私一人で通うよりも一緒に通い続けてくれる人がいる方が確実に卒業できるかなぁとは思っていたりもする。
さすがに三十万も払っておいて途中でケツを割る事はないだろうと思ってはおりますが…まぁ保険っつうと言葉は悪いんですがね。自分以外の人間にも影響がある事を考えると迂闊にサボれませんからね。それも自分の彼女となればダメな姿は見せにくいし、仮に見せたとしてもケツを割るどころかケツを引っ叩いてくれそうな気もしますのでね。そういう意味では一緒に通うのもいいかな~と思っています。


おっと、少し話が逸れてしまいましたが…。
という事で技能教習はひとまず避けて初の学科教習を受けに行ってきたのでした。

まず教室に入ってその大きさに驚きました。
私は大学には通っていませんのでね。こう…テレビや本で見たことのある、後ろに行けばいくほど床が高くなっていくような、完全にイメージですが大学風味の教室。初めてだったんですよ。

座る位置は自由席でしたので適当に座ってスタンバイ。
時期が春休み頃でしたので人数はそこそこ多かったです。
やはり、近くにある女子大の生徒がメイン層という事もあってその殆どが女性でしたね…。

数分後ついに教習開始のチャイムが鳴って教官が登場。
私は久々の…ええ約五年振りの授業に謎のドキドキ。
ああ…授業こんなんだったのかなぁ…と薄れ気味の記憶を蘇らせつつ教習はスタート。


そして開始五分後…。
すでにじっとしていられなくなった自分がいた。

うん…。
いやねこの机と椅子完全に固定されてて体勢変えられないから…。
うん。普段から座る事のない私には本当、地味~に苦行でした。うんマジで。
本当に最初の五分間くらいだった。自然に座っていられたのは。それ以降はもう地獄だったね。

座るのってこんなに辛かったかしら…なんて
ありえない疑問を抱く事になった一発目の学科教習、五年振りの授業でした。


教習内容に関しては特段ワァオと驚くこともなく。
適当に必要だと思った部分だけチェックしていく事にしました。
運転の心得や交通ルールを学習するのは勿論大切な事ですがね。ひとまずの目標は効果測定の合格ですから。

「技能教習は楽しいけど学科教習は眠くなる」と。
私の友人らは皆口を揃えて言っておりましたが…。
現時点では案外そんな事もなかった。そもそも私は車の運転に関して激しく無知で、その授業内容も本当に新鮮なものでしたから。私にしては珍しく真面目に教習を受ける事ができましたね。

この具合で大丈夫なら学科教習はそこそこ楽勝かな…だなんて。
ちょっとした心の余裕もできましたね。これならまだ何とかなりそうだ。と。

そうして少しずつモチベーションが上がってきた頃…。
さすがにいつまでも避け続ける訳にはいきませんあの技能教習に…。
挑戦する日が来ました。既に学科教習が半分ほど済んでしまっていたので随分と遅れたスタートでした。

という事で次回は初技能教習について。
私が最も苦手としていた車に自ら乗り込むその瞬間を、思い返していきたいと思います。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[自動車教習所体験記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/779-da7be10f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。