06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


自動車教習所体験記7 ハンドルなんか回せりゃいいだろ

こんばんは。


さて。
前回初めて実車での教習を受け、基本的な走行を中心に教えて頂きました…が。
まだまだ教習はこれからです。第一段階だけでもまだ十時間以上残っていますからね。

まぁ何でもそうですが一度経験してしまえば意外と抵抗が薄まるもので…。
続いて次の教習もすぐに予約。まだ恐ろしさは残っていましたけど、それ以上に楽しくも感じ始めていました。


第三回目の教習は基本的な走行に加えてカーブ…など。
まだまだ簡単そうな教習です。ゆっくり…しっかり覚えて路上に備えたいと思います。
場内での練習とは言わばそういう期間でしょうからね。路上でちんたらやっていられないような練習を…今ここでする。確実に覚えておく。

今回の教官は前回と同じくややぶっきらぼうで寡黙そうな…私の苦手とするタイプのオジさん。
しかし前回の技能教習でこれといった不快感は覚えていないので大丈夫そうだ。そう思っていたのですが…。


何とこのオジさん…とんでもなくハンドル操作に拘りのある教官だったのだ。

マジでうるさい。

「このカーブを曲がる時はハンドルをこれだけ回して…」
「ここまで回したら、左手は必ずハンドルの上に添えるんだ!」
「ハンドルの持ち方はこうだ!後右手がこの位置まで回ったら!この位置まで回ったら上にうつして!?」

こんな感じ。
いや…まぁこれが正しいのだとは思う。
でも正直言って、素人ながらハンドルの回す量は切り始めるタイミングによって違うと思うし、カーブ時持ち手を上に回す必要なく曲がりきれるだろうってカーブも十分あるんだ…下手に移すとハンドルの感覚がわからなくなるんだよ…今はまだ。

きっとこれは正しい事なんでしょう。
が…やりづらい以外の何者でもなかった。
でも初めて教えてもらう教官の言葉ですから当然鵜呑み。教官みなこうなのだろうと思いました。

途中で声を荒げて「こうだ!!」とか言いながらハンドル奪っちゃうし。
自分の実力を過信しているつもりはないけど、隣でごちゃごちゃ言われさえしななければ、何回かこなしている内に自分の勘で絶対できるような気はしていた。
だが毎回毎回ハンドルの回す量とか手の位置とか細かく指摘されていると、そっちを意識してしまってどうしても本来大事であるハンドルを切る量、タイミングが疎かになってくる。

何度黙ってろと言いたくなったことか…。
別に悪い先生じゃないんですけどちょっとこだわりが強くて私には合いませんでしたね。
なるほどこれが「相性の悪い先生」だという事か…?と一発目からちょっとハズレを引いた気分でした。


それ以降第四回目、第五回目、第六回目と重ねて…。
そのハンドル操作の件をいつ指摘されるかと意識しながら運転していたせいかカーブの右左折の操作について指摘される事が多く…ちょっとした苦手分野に。
あれだけ言われれば気になるんだもの…ハンドルの回す量とか手を移すタイミングとか…。

そう困り果てていた頃、ちょっと会話のしやすい教官に当たったので勇気を出して聞いてみた。
「ハンドル操作ってこんなに細かくしないといけないもんですか?」と。
するとその教官はざっくり一言。「回しやすいように適当でいいよ」と。

傍から見ると適当で何だこの教官って思うかもしれませんが私はこの言葉に結構救われましたね~。
それから他の教官の運転を見ていても、あぁ意外とハンドル操作ってこんなもんでいいんだってレベルの雑さが出ていましたし、それでどんどんとハンドル操作に手を抜く自信がついてきました。

私はまだ美しいハンドル操作をしながら完璧なタイミング・回す量で右左折する技術が伴っていなかったので…この件で本当に良くなりましたね。
ハンドル操作はちょっと気を抜くと片手操作になってしまったりと稀に注意を受けましたが…何も言われない事がほとんど。やはり自分のやりやすいように回すのが最適だと今は思える。

それからは非常になめらかに曲がれるようになり指摘される事も段々と減ってきましたが…。
ここで差し掛かるのが第一段階の難所と噂の「S字・クランク」。次回ついにこの教習を受ける事になる。

やっとこさカーブにも慣れ始めた頃だったのでこの教習にはかなりの緊張感。
S字とはその名の通りS字の道路で…クランクはカクッカクッとしたやつ。┗┓こんな道路だ。
何とかぶつけないように…乗り越えたいと思う。この「S字・クランク」とやらを。
関連記事
Posted by TAKKYA
comment:2   trackback:0
[自動車教習所体験記
comment
ハンドルの持ち方とか回す量とかそんな細かく言われたことないや
そんなんやってるうちに感覚で身につけるしかないし、そもそも道路状況によっても違うし
型にはめるのはちょっとナンセンス
その教官がおかしいね

いろんな教官いるんだね~
私のときハズレ教官なんて記憶にないのは運が良かったのかも
2013/10/12 09:12 | | edit posted by ゆ
>>ゆ
卒業した今でこそ思うけどやっぱり言われないよねw
その時は最初の教官だったからどうしても後を引いてしまったけど…。

最終的に苦手な教官三人くらいはいたなぁ
まぁ俺は人の好き嫌い激しいから余計そう感じるのかもしれないけど…。
2013/10/12 10:54 | | edit posted by TAKKYA
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/796-d7845f3f
trackback