06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
自動車教習所体験記8 S字クランクを無理矢理攻略してみる

こんばんは。

今回は久々に自動車教習所体験記の続きとなります。

実は卒業するとき、お世話になった教官に声を掛けさせて頂きまして飲み会をやる約束をしていたのですが、
卒業して約一ヶ月。その飲み会がつい昨晩行われました。私が主催という事で各々のスケジュールの調整に大変な思いをしましたがやって良かったと思いますね。
先日までコレとディズニーの件で少し慌しかったので、記事を書くのに若干の労力が必要な体験記は更新出来ませんでしたが、今後は以前と同じくゲームの記事とバランスを取りながら更新していきたいと思います。




さて。

それでは自動車教習所体験記の続きで…。
今回は「狭路編」。いわゆる"S字クランク"道路の通行となります。


kurankusji.jpg


ふ~む。
これは参った。

前回の更新が半月ほど前ですので忘れておられる方も多いかと思いますが、この私…カーブに散々手を焼いた教習劣等生なのです…。
その原因であったハンドル操作の意識は一応改善されましたので、通常のカーブは何ら問題なく通行できるようにはなったのですが…今回は狭路。S字…そしてクランク。この難易度の高い道路を通行しなければならない。

そもそも外に出てからS字やクランクがどれだけあるんだよって吠えたいところでもありましたが…。
そんな教習生はいない。そうこれはおとなしくやるしかないのだ…絶対に試験でも出てきますしね。


という事で実際にS字道路からスタート。

入りは小回りするカーブだと思えば何ら怖くありませんが…。
問題はそこから先。滑らかに曲がるS字のカーブが…襲い掛かってくる。
車両感覚を全くといっていい程意識していなかった私にはこのカーブあまりにも未知数すぎた。

運よく教官の補助ブレーキや脱輪などもする事なく越えられましたが、その時担当の教官から一言。「インを突きすぎだよ」と。
実際にドアを開けて確認してみましたが確かに小回りしすぎている形跡は残っていました。でもね…運転席の右側がしっかり開いていないと不安なんだよね。ブツけたら…嫌だし。

うん…。
そこから何週かはしてみましたがあんまり改善されず。
通れはするものの教官的にはかなりヒヤヒヤらしい。

そのままこの時間では厳しいと判断されクランク道路へ。

クランク道路といえば、私のイメージでは2回カクッと曲がるだけじゃん。ってイメージが多少こそありましたが、実際にやってみると案外そんな事はなかった。
クランク道路もS字道路と同じく補助ブレーキを受けることや脱輪などをする事はありませんでしたが、今回ばかりは自分の目で見てわかるほどにギリギリでした。目の前のポールに…当たるんじゃないかと思いながら走行していました。

その理由は非常にシンプルで曲がるタイミングが遅かっただけなのですが…。
こんなタイミングで曲がったら内輪差でガッと引っかかるのでは…とビビって曲がれないのだ。
確実に曲がれるだろうと思ったタイミングではもう時既に遅し。教官のヒヤヒヤするぎりぎり運転のスタートとなります。

これに関しては私が…車両感覚や車の動きを完全に理解する必要が出てくるのですが…。
そんな事を言われても運転中は精一杯なので無理である。普段から助手席や後部座席に乗ってる人はもしかしたら普通に理解できる事なのかもしれないんですけど、私はそもそも車に乗ったことが殆どなかったので何となくイメージしにくいところもあった。頭では何となくイメージできるんですけど、実際に運転してそのように動かせているのかなというイメージはあんまりできなかった。とにかく必死…必死なのです。

そんな状態が何度も続き、一度もぶつけてはいなかったのですがいまいち教官をスッキリさせる事ができず一回…二回と狭路の復習項目が続いていきます。
この間も教習は進んでいく訳ですが、復習項目としてばっちり残っているので合わせて教習を受ける事になりました。

その間の教習に関しては殆ど記憶が残っていない程にイージーでこれといって引っかかる事もなくこなせましたが…。とにかくS字・クランク道路。こいつらだけが長期間残っていました。


このままではまずい。
今の自動車教習は非常に楽になっておりまして、教習をクリアできずに復習項目がついても"やり直し"という事はなく"次回の教習でもチェック"という形で進んでいきますので、実質教習時間数が伸びるという事は殆どないのですが…。
最終教習の"みきわめ"に関して言えば話は別。全ての項目をクリアしていないとこの教習を受けることはできません。つまりその時点で復習項目が残っていたらそれは即ち時間数の超過…一時間多く教習を受けなくてはいけない、という事になります。

以前の記事でも少し書きましたが私、彼女と毎時間同じように通っておりましたのでこの"居残り教習"…これだけは受ける訳にはいかなかった。教習時間がずれる、もしくは合わせてもらう為に少しの間待ってもらう必要が出てくる上に、何てったって男の私がそんな醜態を晒す訳にはいかない。男たるもの車なんかサクっと運転するべきだ。

だからこのままS字クランクを"いつかできるだろう"と軽視しておく訳にはいかなかった。
そこで情報収集をしてみる事にする。いつも私がゲームの攻略法を探す時のようにインターネットで…そしていつも私がプレゼント選びに良いお店を探すように友人らに…恥を忍んで聞いてみる。S字クランクの攻略法とやらを…!


しかし収穫はいまいち。
そもそも友人らは教習所を卒業して暫く経っているので教習内容などすっかり忘れている。
ああ…狭路なぁ。最近殆ど走ってないからなぁ…まぁクイッといってホッと行くのがコツだ。とかそんなレベル。全然参考にならなかった。もうあいつらに頼るのはやめだ。やめ。

インターネットの方はまだ参考になった意見もありましたが、やはり文字では多少理解し難いものもあり、そもそも前提として車両感覚を理解している方のアドバイスばかりで私には難しいものが多かった。

こうなったらもう仕方ありません。
自らの手で攻略するしかない…この狭路を。



そこでインターネットで参考になった意見や、友人らのアドバイスをある程度加味して私なりの…私に向いているであろう攻略法を編み出す事を目標に次の教習をスタート。

ぶつける事を恐れず…敢えて「ありえないだろう」…そんなタイミングで曲がってみたり。
勿論段差にぶつけてバックするはめになった事もありました。しかしそれもこれも狭路攻略の為。
一回二回とそんな教習を重ねて…三回目。ついに見つけました私向きの攻略法を。

その甲斐あってか三回目は何の問題もなくクリア。
ついに長期間私を悩ませたS字クランクの復習項目を消し去る事に成功…!

という訳で私に似た人がいた時の為にその攻略法、記しておきたいと思います。
私みたいな人…そんなにいないと思うんですけどね。ええ…


S.png



まずS字道路の場合。
私の場合はスピードを出すことが攻略の鍵となりました。

教官は皆口を揃えてスピードを落として曲がれと言いますが…。
それは正解なのです。狭路ではスピードを落として確実に曲がるべきだとそう思います。
が、私の場合どうしてもインについてしまいますので、それを物理的に相殺すべくスピードを出してみる事にしました。

するとこれが意外といい方向に働きスムーズに通れるようになりましたね。
スピードが出てるぞという注意を受ける事はありましたが、綺麗に通る事さえできればそれでいいのです…ええ。

後は大げさに回るという意識がちょっと救いになりましたね。
右側はちょっとぐらい行っても当たらない…という事もここで覚えた気がします。


次にクランク道路の場合ですが…。
こちらで教習中探っていたのは車両感覚でも車の曲がり方でも何でもなく、ただただ曲がるタイミングでした。

この地点に到達したとき…。
ハンドルをめいっぱい回せば綺麗に曲がれる。
そんな地点を何度か試して発見することができました。


K.png


それがこのタイミング。

運転席から見て、道路の角と自分が平行する位置まできた時に…思いっきりハンドルを回します。
これで後はOK。次のクランクも逆なだけで原理は同じです。綺麗に曲がれるはずです。
ただ前提としてスピードをしっかり落として右側を空けておくのは大事ですね。これを怠ると失敗すると思います…。

S字の攻略はともかく、クランクのこの攻略に関しては今後にも結構影響しましたね。
ただのカーブに関してもなかなか綺麗に曲がれるようになってきたかなと思います。
ここがスタートで後は順々に車両感覚を身につけていったという感じでした。


という事で私はこのように二種類の狭路を乗り越えることができました。
これがきっかけで徐々に細かい運転、車の動き方もイメージできるようになりましたね。
この調子でみきわめ一発合格を目指していく事にします。次回は…難しいと噂の坂道発進へ。
関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[自動車教習所体験記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/808-60e53794
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。