06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
自動車教習所体験記12 ありえないミスをやらかした

こんばんは。


さて。
諸々の事情により前回途中でカットさせて頂きましたこの自動車教習所体験記ですが…。
今回はその続き修了検定編から。入っていきたいと思います。いやはや大変、失礼致しました。

という事で前回、無事効果測定を高得点で合格する事が出来ましたので。
次は何の躊躇いもなく技能試験でもある修了検定へ。ただでさえ二週間ほどの期間が空いてしまっておりますので、ここで躊躇う理由など、当然の如くありえません。


当日は教室で説明を受け、グループ分けされるところから始まりました。
私のグループはA班。結構年上っぽい女性と、恐らく同年代と見られる男性。計三名でのグループでした。

やり方としては単純で、順番を決めて1番の運転時2番の人が後部座席へ、2番の運転時は3番の人が後部座席へ、3番の運転時は1番の人が後部座席へ。と一応一人一回は他人の運転を見られるようになっています。
1番の人は誰の運転も見ることなく試験が始まるのでちょっと不利な気もしますがね…。

ちなみに順番は年上女性・私・男性と私は二番目でした。
なので早速後部座席に乗り込み、年上女性の運転を観察しておきました。

自分以外の教習生が運転しているのを見るのは初めてでしたので何とも新鮮でしたが、最初の感想は「あ、こんなもんか」といった感じでした。それはバカにしているとかそういう事ではなく、何だか自分の運転はとにかく下手だと思い込んでおりましたので、同じ教習生の、同じレベルの運転を見てまずはちょっと安心をしたというのが本音だったりします。

とはいえそれで緊張が解ける訳でもなく、むしろ自分の時間が近づくに連れて緊張は高まっていきます。
恐らく合格と見られる女性が降車し次はいよいよ私の番。ここで緊張はピークに達しておりましたが、頭の中ではとにかく発進の所作発進の所作と。その事ばかりを考えておりました。

しかし事前に勉強していた甲斐もあって、エンジンの掛け方、ミラーやシートの確認などはばっちり。
よし…大丈夫そうだ…!と試験管に突っ込まれないよう発進前の安全確認も済ませまして、いざ出発!とする予定が…。



ブオオオ(進まない)


私「??」(アクセル強める)


ブオオオオオオオオオ(やっぱり進まない)


私「あれ?」

試験官「・・・」


私「あ…」(ハンドブレーキ上げっぱに気づく)

試験官「そら動かんわなぁ」

私「スンマセン…」


……。

という凡ミスを一発目から披露。
これにはもう笑うしかなかったね…うん。
普段一度もした事の無いようなミスを…恐らく緊張から。やらかしてしまうなんて。

もう何だかこの時点で落ちたような気すらしました。
ハンドブレーキ解除せずに運転しようとする奴が仮といえど公道を走れる免許が取れるものかと。
最早茫然自失状態で場内コースを走っていきます。ゆっくりゆっくりとふつ~にです。どう走ったのかすらもう覚えていません。

ですが意外と、試験終了後試験官から言われたのはスピードに関してのみで序盤の凡ミスに関してはノータッチでしたかね。
ちなみにスピードというのはゆっくりすぎるぞという事でした。まぁゆっくりで減点される事はそう無いとも聞いていたので試験の上ではあんまり影響無いと思うんですけど、まぁあのミスの後でしたからやっぱ気になりましたね。結構ショックでした…。

もう完全に落ちたななどとネガティブになりながら結果を待ちます。


まだか…まだか…。
くそう…俺だけ落ちてたらどうしよう…。
他の人は上手だったしなぁ…そして彼女も。特段大きなミスはしていないらしいし…。

ダメなのかなぁ…まだか…結果は…!

そう項垂れていた私の元に寄ってくる人影が。
そこには私の知り合いでもあるベテラン教官の姿がありました。
以前にね。修了検定に合格したら、続けて行われる仮免許学科試験の特別勉強会をしようと思うから、結果が出たら教えてねと。そういう約束をしていたのですが…。


教官「あ、十二時から勉強会しようと思うから、○○室来れるかな?」

私「すみません。まだ結果出てないんですよ、もしかしたら落ちてるかもしんないっす…」

教官「ああ二人とも合格してるから。今そーっと見てきたw」

私「えっ」

教官「それじゃそういう事で」

私「あ、はい。」


と唐突にネタバレを喰らいまして一瞬実感が沸きませんでしたがどうやら合格していたようです。
しかしこのネタバレはどうなのよと思いつつも…早めに安心する事が出来ましたのでまぁ感謝はしてます…w
その後発表された結果でも勿論合格しておりましてやっと一安心。何とか修了検定はクリアできていたらしい。

私からしたら絶対にアウトなんですけどねあんなミスは…。
でももしかしたら緊張のせいでそういう人も多いんでしょうかね。そういう事にしておきましょうかね。


という事で修了検定を終えましたので少し休憩を挟みまして午後から行われる仮免許学科試験対策へ。
知り合い教官との約束通り○○室に集合し時間通りに勉強会をスタート。私と彼女の他に女の子が一人いましたね。

基本は教官が出題して私達教習生が答えるという形でしたが、
私達二人はともかく、一人参加してきた女の子が非常に勉強を苦手としていたようで、何というかその子の勉強会という感じになってしまっていた気もしますね。
まぁ問題に関しましては結構簡単で大丈夫そうでしたので、私達も復習を兼ねてしっかりと勉強させていただきました。

仮免許学科試験本番は教習所の試験室で行われました。
問題内容は驚くほどに簡単でして、本当あのムサシに感謝しましたね。
彼がいなければ私きっと不合格だった事でしょう…教科書一切…読んでないし。

結果の方は二人とも満点で合格。
無事仮免許を発行してもらえる事となりました。


ここでひとまずは中間地点という事になりましょうかね。
次回からは実際に路上に出て車を運転する事になりますのでいやぁなんとも…恐ろしいものですが。
とりあえず今は修了検定と仮免許学科試験を無事合格できた事に感謝ですね。いやぁ…安心しましたよ。ほんと。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:2   trackback:0
[自動車教習所体験記
comment
路上はなれですよ、なれ
俺が教習所いたときは狭い路地裏ばかり時速20kmで走った記憶があります
あの頃は毎日緊張してたなぁ
懐かしい
2013/11/29 11:46 | | edit posted by ふゅりる
>>ふゅりるさん

ですね~;
最初はかなり恐ろしくて緊張しっぱなしですが次第に慣れていくもんですねぇ…
2013/12/02 01:24 | | edit posted by 名無しさん
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/839-7dc7f8b5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。