06/24 (Sat)   近況報告です。その2
08/20 (Sat)   近況報告です。
03/21 (Mon)   課金ファンタジーと化したラテール…でもキライじゃないよ。
01/03 (Sun)   あけましておめでとうございます。
11/28 (Sat)   「スカッとゴルフ パンヤ」ももう11周年。
09/06 (Sun)   あのグランドチェイスがついにスマホゲーム化されたらしい
07/05 (Sun)   スマホ版「パワプロ」の返金騒動について
06/01 (Mon)   まさか、こんなところでアレルギーの弊害が出てくるとは
03/15 (Sun)   うかつだった。内定辞退という緊張ポイントを増やしてしまうとは
02/13 (Fri)   逆シンデレラストーリー?いや、やっぱり怖いな。僕は


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by TAKKYA
 
[スポンサー広告
自動車教習所体験記18 一番の障害を乗り越えていく

さて。

前回やや不安でもありました「自主経路設定」教習を終え…。
一息つけるかなと思っておりましたが、続けざまにもう一つ、自主経路設定教習を超える障害が存在しておりました。

その名も危険予測、セット教習。

この教習は別名シミュレーター教習とも呼ばれ、ゲームセンターにあるレースゲーム機のような機械を用いて危険予測の手段を学ぶという教習になります。
また、その教習を終えた後、セットで路上での危険予測教習も行うため、二時間連続のセット教習とも呼ばれます。

それだけならば一向に構いませんでした。
むしろ出来の悪いゲーム機で意味不明な飛び出し方をしてくる人間を避けるだけの教習。
何なら普通の教習よりは緊張感もありませんし、楽な部類であるとすら思えました。


一見楽そうに見えるこの教習。
しかしこの教習には罠が存在していました。

その罠とはこの教習…何と複数人で受講するというものなのです。
え?それがどうしたの。だって?ふざけるなよ。イヤだろうそんなもん。
今まで一人でマイペースにやってきたのに、他人を後ろに乗せて運転するとか嫌すぎるだろう。

しかも後ろに乗り込んでくるのがものすごく非常識なやつだったらどうする。
「ぎゃはwまじうけるこの運転w」とか言われながらムービー撮影されたらどうする。
そんな状況になったらまじで、内輪差利用して何とかそいつにだけ攻撃する事だけを考えてしまいます。

まぁそれは冗談だとしましてもやはり、他人を後ろに乗せて運転するというのは緊張しますよね。
三人一組らしいのでどういう組み合わせになるかもわかりませんし…友達同士で来ていた女の子二人とかでもちょっと、イヤですよね。

なので個人的にはこの教習、私にとって一二を争う障害でもあった訳ですが、まぁ行かない訳にはいきませんのでね、当日意を決して行ってきました。


まずはシミューレータ教習。
こちらは別室にて三人一組で受講します。

今回の受講者は運良く三人でしたので、足並み揃えて受講しています彼女とは同じグループになる事ができました。
これが四人とかだと別れてたかもしれないんですけど、本当丁度、三人でしたね。良かったですね。
やっぱり彼女が見知らぬ男とペアって考えると多少なり嫌な気分にはなりますし、まぁ逆でもそうですしね…。

ちなみにもう一人の受講者は男性。
歳は同じくらいで金髪色黒のとんでもないクソヤンキー野郎でした。


顔合わせを済ませた後は三人揃って説明を受けました。
どうやらこのシミュレーターは二人一セットらしく一人は後でハードモードに挑戦してもらうとの事。

その組み合わせはジャンケンで決めて下さいという事でジャンケンをスタート。
勝利したやつがハードモードでやらされる事になるという謎の条件ではありましたが…。
私何と無事勝利。ええ…ハードモードをやらされる事になりました…。

ちなみに最初に一人負けした彼女は一発目いきなり挑戦する事に。
五歳くらいの子供を、轢いてましたね。しかたのないやつですね。あいつは。

で、二番目のクソヤンキー野郎の出番が来ましたので、席を立ち上がる彼を横目で見ていますと、
なんと「すみません、お先失礼します。」と何か礼儀正しい一言を私にかけてくれました。
なんだいいやつじゃないか。とコロっと手のひら返しましたね。いいグループじゃないか。うん。

このヤンキー好青年は死角をキレイに縫ってきた原付を巻き込んでゲームオーバー。
あれはちょっと気の毒でした。絶対いなかったはずですあの原付は…時空移動をしてきた疑いがありますね…。


そして三番目私のターン。
教官は優しい声で私に「最後だから好きなモードを選んでいいよ」。と言ってくれました。

しかし、モード選択画面の方に目をやってみますと…。


[大雪]
[濃霧]
[台風]


私「……」

教官「好きなのを選んでいいよ(ニッコリ)」



4e3d6e5a_20140222193151562.jpg


これはひどい。
ハードすぎるやろ…これは。

しかも先ほど操作したヤンキー好青年君によると、ハンドルの感度がかなり適当らしく、普通に右左折するのも難しいとの事でしたので、これに大雪が重なったらもうとんでもない事になるんじゃないかと…。

そう思いましたので。
唯一マシそうな濃霧を選択しました。
私の地域で大雪が降る事がまず、ありませんからね。


意を決してスタートしてみますと…。
画面に映りましたのは確かに濃霧。
画面がほぼ真っ白でした。濃霧ってマジこわいね…。

結果、今年一番の集中力を駆使し難所を乗り越えはしましたが、
山道のカーブで、死角から対向車線に猛スピードの大型トラックが走ってきましてゲームオーバーになりました。
大事故です。廃車確定です。恐らく現実世界にあんな命知らずは…いないでしょう。

そんな危険予測シミューレーションはそこそこ平和に終わりまして、
何かあんまり危険予測できた気がしませんでしたけど、何でしょう。道路に何か転がってきた時は注意するだとか、根本的な危険予測は若干、身についたのでしょうかね?
まぁゲームのB級加減が地味に面白かったので楽しいは楽しいでしたけどね…w

次回は後ろに人を乗せ運転する事になります危険予測教習第二弾。
長くなりそうなので分割する事にしました。

関連記事
Posted by TAKKYA
comment:0   trackback:0
[自動車教習所体験記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://takkya0.blog56.fc2.com/tb.php/924-71d0cb8e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。